コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良尊 りょうそん

1件 の用語解説(良尊の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

良尊

没年:貞和5/正平4.6.13(1349.6.29)
生年:弘安2(1279)
鎌倉末・南北朝時代の民間念仏僧。融通念仏宗本山大念仏寺(大阪市平野区)中祖。法明房と号する。摂津国東成郡深江(大阪市東成区)の在家入道である。25歳で高野山に登山,元亨1(1321)年43歳で帰郷。同年,夢告を得て石清水八幡宮から融通念仏本尊天得如来(11尊より成る阿弥陀仏来迎図)を継承し,中・南河内地方を中心に布教した。良尊の次の興善の代に,融通念仏は,六別時(6つの別時講)と呼ばれる。いずれも良尊を開基とする独立した地域宗教組織の連合として存在した。本山も17世紀初頭までは寺地を固定せず,六別時がくじを取り,当たったところへ本山が動いてゆく挽寺方式で運営された。良尊には生前の史料がなく,融通念仏宗教学研究所『融通念仏宗年表』や元興寺文化財研究所『法会(御回在)の調査研究報告書』所収の記録によっている。なお良尊には宗祖良忍の伝記と念仏の利益を説いた『融通念仏縁起絵巻』を使用した形跡がない。

(上田さち子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

良尊の関連情報