コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良覚(1) りょうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良覚(1) りょうかく

?-1259 鎌倉時代の僧。
真言宗。日輪寺の親性に灌頂(かんじょう)をうけ,高野山華王院にはいる。建長元年と正嘉(しょうか)2年高野山検校(けんぎょう)となり,法眼和尚(わじょう)位にのぼった。正元(しょうげん)元年7月26日死去。紀伊(きい)在田(ありだ)郡(和歌山県)出身。字(あざな)は大覚房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良覚(1)の関連キーワード正元憲宗蒙哥汗後深草天皇蒙哥汗ニカイア帝国阿娑縛抄宇都宮頼綱極楽寺JIS漢字