コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良覚(1) りょうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良覚(1) りょうかく

?-1259 鎌倉時代の僧。
真言宗。日輪寺の親性に灌頂(かんじょう)をうけ,高野山華王院にはいる。建長元年と正嘉(しょうか)2年高野山検校(けんぎょう)となり,法眼和尚(わじょう)位にのぼった。正元(しょうげん)元年7月26日死去。紀伊(きい)在田(ありだ)郡(和歌山県)出身。字(あざな)は大覚房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良覚(1)の関連キーワード鎌倉時代真言宗

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android