コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良覚(1) りょうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良覚(1) りょうかく

?-1259 鎌倉時代の僧。
真言宗。日輪寺の親性に灌頂(かんじょう)をうけ,高野山華王院にはいる。建長元年と正嘉(しょうか)2年高野山検校(けんぎょう)となり,法眼和尚(わじょう)位にのぼった。正元(しょうげん)元年7月26日死去。紀伊(きい)在田(ありだ)郡(和歌山県)出身。字(あざな)は大覚房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良覚(1)の関連キーワード鎌倉時代真言宗

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android