色度(読み)しきど

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐ど【色度】

〘名〙 (chromaticity の訳語) 光学的に数値として表示された色の性質、およびその数値。色を構成する赤・緑・青の基本三色光の刺激度を物理的に定量測定したもの。色の色相と彩度を同時に表示したもので、光学的表色法として国際的に用いられる。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色度
しきど
chromaticity

目で感じる色は明るさと色の性質とによって決るが,明るさを無視した色の性質を色度という。色度を表わすにはいくつかの方法があるが,一般的には主波長純度との組合せにより,またはその色に含まれる三原色割合によって表わされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきど【色度 chromaticity】

光の色の特性を表すのに用いられる概念。色の特性をxyの直交座標の数値で表示する色度図において用いられ,x=0.23,y=0.65の色度のような表現になる。あるいは色度図上で読み取ることのできる主波長と純度を使って色度を表現することもできる。いずれにしても国際照明委員会(CIE)のXYZ表色系あってのことばである。色度は定量的という点では優れているが,色みとかあざやかさなどと直感的に結びつかないのが弱点ともいえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android