コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英雄の生涯

3件 の用語解説(英雄の生涯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

英雄の生涯

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスの交響詩(1897-98)。原題《Ein Heldenleben》。作曲者自身の生涯を曲にしたといわれる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいゆうのしょうがい〔エイユウのシヤウガイ〕【英雄の生涯】

《原題、〈ドイツEin Heldenlebenリヒャルト=シュトラウスの交響詩。1897年から1898年にかけて作曲。作曲者自身の生涯を描いたとされる。ウィレムメンゲルベルクとアムステルダムコンセルトヘボウ管弦楽団に献呈。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英雄の生涯
えいゆうのしょうがい
Ein Heldenleben

リヒャルト・シュトラウスが1898年に作曲した管弦楽曲(作品40)。作曲者自身の指揮で、翌99年フランクフルト・アム・マインで初演。彼が書いた一連の交響詩の総決算ともいうべき作品で、題名の「英雄」とは彼自身にほかならない。音楽は単一楽章の形式をとり、二つの主要主題(英雄とその妻)を中心に、英雄の姿、彼を取り巻く人々、英雄の愛、敵対者との戦いと勝利、そして英雄の引退などを描写する。精妙な管弦楽法を用いてさまざまな対象を的確に描写する力量もさることながら、「英雄の業績」を紹介する部分でも明らかなように、個々の描写が断片のままに終わらず、大きな有機的統一体を形成しているところがみごとである。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英雄の生涯の関連キーワードアラベラアルプス交響曲家庭交響曲死と浄化死と変容ツァラトゥストラはこう語った無口な女メタモルフォーゼン4つの最後の歌シュトラウス リヒャルト

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

英雄の生涯の関連情報