コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅野蕭々 チノショウショウ

3件 の用語解説(茅野蕭々の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちの‐しょうしょう〔‐セウセウ〕【茅野蕭々】

[1883~1946]ドイツ文学者・歌人。長野の生まれ。本名、儀太郎。雅子の夫。著「ゲョエテ研究」、翻訳「リルケ詩抄」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茅野蕭々 ちの-しょうしょう

1883-1946 明治-昭和時代のドイツ文学者,歌人。
明治16年3月18日生まれ。茅野雅子の夫。明星派の新進歌人として注目され,「明星」廃刊後は北原白秋,石川啄木らと「スバル」に作品を発表。三高,慶大,日本女子大の教授をつとめた。昭和21年8月29日死去。64歳。長野県出身。東京帝大卒。本名は儀太郎。初号は暮雨。著作に「ゲョエテ研究」「独逸(ドイツ)浪漫主義」,訳書に「リルケ詩抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅野蕭々
ちのしょうしょう
(1883―1946)

歌人、独文学者。長野県上諏訪(かみすわ)生まれ。東京帝国大学独文科卒業。旧制三高・慶応大学・日本女子大学教授を歴任。1903年(明治36)から『明星』の歌人として活躍、07年新詩社の歌人増田雅子(まさこ)と結婚した。『明星』廃刊後は『スバル』に拠(よ)った。翻訳『リルケ詩抄』(1927)の素朴な表現はリルケ普及に大きな力を及ぼす。『ギョエテ研究』(1932)で文学博士。ほかに『独逸浪漫(ドイツろうまん)主義』(1936)、夫婦共著の『朝の果実』『蕭々雅子遺稿抄』がある。[高橋英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の茅野蕭々の言及

【ドイツ文学】より

…生田長江の《ツァラトゥストラ》訳(1911)をはじめとするニーチェの翻訳紹介も大きな反響をよびおこし,とりわけ萩原朔太郎にその影響が認められる。茅野蕭々(1883‐1946)の《リルケ詩抄》(1927)は名訳の評判が高く,堀辰雄や立原道造をリルケの世界に近づけた。ヘルダーリンに心酔した伊東静雄を含め,日本浪曼派はドイツ文学から深い影響をうけているが,その一方,生田春月の訳編になる《ハイネ詩集》(1917)の意義も特筆に値しよう。…

※「茅野蕭々」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

茅野蕭々の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄アルマン条約電気事業アメリカ美術勲章カストリ雑誌北朝鮮新教育

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone