コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅野蕭々 チノショウショウ

3件 の用語解説(茅野蕭々の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちの‐しょうしょう〔‐セウセウ〕【茅野蕭々】

[1883~1946]ドイツ文学者・歌人。長野の生まれ。本名、儀太郎。雅子の夫。著「ゲョエテ研究」、翻訳「リルケ詩抄」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茅野蕭々 ちの-しょうしょう

1883-1946 明治-昭和時代のドイツ文学者,歌人。
明治16年3月18日生まれ。茅野雅子の夫。明星派の新進歌人として注目され,「明星」廃刊後は北原白秋,石川啄木らと「スバル」に作品を発表。三高,慶大,日本女子大の教授をつとめた。昭和21年8月29日死去。64歳。長野県出身。東京帝大卒。本名は儀太郎。初号は暮雨。著作に「ゲョエテ研究」「独逸(ドイツ)浪漫主義」,訳書に「リルケ詩抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅野蕭々
ちのしょうしょう
(1883―1946)

歌人、独文学者。長野県上諏訪(かみすわ)生まれ。東京帝国大学独文科卒業。旧制三高・慶応大学・日本女子大学教授を歴任。1903年(明治36)から『明星』の歌人として活躍、07年新詩社の歌人増田雅子(まさこ)と結婚した。『明星』廃刊後は『スバル』に拠(よ)った。翻訳『リルケ詩抄』(1927)の素朴な表現はリルケ普及に大きな力を及ぼす。『ギョエテ研究』(1932)で文学博士。ほかに『独逸浪漫(ドイツろうまん)主義』(1936)、夫婦共著の『朝の果実』『蕭々雅子遺稿抄』がある。[高橋英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茅野蕭々の言及

【ドイツ文学】より

…生田長江の《ツァラトゥストラ》訳(1911)をはじめとするニーチェの翻訳紹介も大きな反響をよびおこし,とりわけ萩原朔太郎にその影響が認められる。茅野蕭々(1883‐1946)の《リルケ詩抄》(1927)は名訳の評判が高く,堀辰雄や立原道造をリルケの世界に近づけた。ヘルダーリンに心酔した伊東静雄を含め,日本浪曼派はドイツ文学から深い影響をうけているが,その一方,生田春月の訳編になる《ハイネ詩集》(1917)の意義も特筆に値しよう。…

※「茅野蕭々」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茅野蕭々の関連キーワード手塚富雄青木昌吉池田浩士片山敏彦加藤留吉上村清延吹田順助関口存男田中梅吉山岸光宣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone