コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草牡丹 クサボタン

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ぼたん【草×牡丹】

キンポウゲ科の多年草。山地に生え、高さ約1メートル。葉は複葉牡丹の葉に似る。秋に紫色で釣鐘状の花が多数咲く。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさぼたん【草牡丹】

キンポウゲ科の多年草。山中の草地に生える。高さ約80センチメートル。葉は広卵形の小葉三個からなる複葉。夏から秋に、腋生および頂生の円錐花序上に青紫色をした四弁の鐘形花が多数下向きに咲く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草牡丹 (クサボタン)

学名:Clematis stans
植物。キンポウゲ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

草牡丹 (クサボタン)

植物。秋明菊の別称

草牡丹 (クサボタン)

植物。ケシ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ケマンソウの別称

草牡丹 (クサボタン)

植物。ボタン科の多年草,園芸植物,薬用植物。ヤマシャクヤクの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

草牡丹の関連キーワード広卵形鐘形花山中草地腋生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android