コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒鼠 あれねずみ

1件 の用語解説(荒鼠の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あれねずみ【荒鼠】

地歌。作詞・作曲者不明。1784年(天明4)刊《新撰詞曲よしの山》に,半太夫物(上方で吾妻浄瑠璃として行われた座敷浄瑠璃を摂取したもの)として初出。本調子。特に詞章が滑稽で,座興的な作物(さくもの)の一つ。1801年(享和1)版《新大成糸のしらべ》以降,作物として収録されている。深夜に家中を走りまわるねずみたちの様子をおもしろおかしく語る。この詞章を取捨して,特に三弦の手を工夫した曲に《曲ねずみ》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

荒鼠の関連キーワードティチング唐来参和バンク・オブ・アメリカ政策担当秘書有松足代弘訓伊勢貞丈黒髪五当銭志賀島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone