コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷見安 はすみ やすし

2件 の用語解説(荷見安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荷見安 はすみ-やすし

1891-1964 大正-昭和時代の官僚,農協役員。
明治24年4月6日生まれ。農商務省にはいり,初代米穀局長などをへて,昭和14年農林次官。29年初代全国農協中央会会長。官僚時代は米穀取引所の撤廃,食糧管理法作成などにかかわり「米の神様」といわれた。昭和39年2月22日死去。72歳。茨城県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はすみやすし【荷見安】

1891‐1964(明治24‐昭和39)
農政指導者。旧水戸藩士である小学校長の家に生まれ,1916年に東大法科卒後,内務省に入り農商務省に転じた。米騒動後の食糧増産計画や耕地整理法の改正を担当,21年に米穀法を立案した。初代の米穀局長として食糧管理法を作成,34年に農林次官となり,40年に退職して,以後は産業組合中央金庫理事長,全国農協中央会長として協同組合運動に専念したほか,日銀政策委員でもあった。古武士肌の性格で,第2次大戦前は過剰米対策,戦争中は不足対策,戦後は食糧増産から米の生産制限対策などにかかわり,米とともに歩んだので〈米の神様〉といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荷見安の関連キーワード登内微笑市岡忠男網代智海江副孫右衛門加来素六杵屋勝三郎(5代)三遊亭円歌(2代)広瀬豊作藤田武雄和田豊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone