コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊川忠雄 きくかわ ただお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊川忠雄 きくかわ-ただお

1901-1954 昭和時代の労働運動家,政治家。
明治34年3月1日生まれ。昭和11年全日本労働総同盟本部総主事。22年衆議院議員(当選3回,社会党)。総評結成後の26年日本労働組合総同盟再建大会で総主事。昭和29年9月26日洞爺(とうや)丸の遭難で死亡した。53歳。愛媛県出身。東京帝大卒。著作に「労働組合組織論」「学生社会運動史」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きくかわただお【菊川忠雄】

1901‐54(明治34‐昭和29)
労働運動家。愛媛県生れ。一高,東大在学中に学生運動に参加,学生社会科学連合会(学連)の指導部の一員となった。麻生久のすすめで1926年,第1次分裂直後の日本労働総同盟の本部に入った後も,数少ないインテリとして理論的指導の任務についた。同年末の第2次分裂に際しては中間派に属したが,36年合同で全日本労働総同盟が成立するとともに本部総主事となり,総動員体制下での方針作りの中心を担った。第2次大戦後は日本鉱山労働組合の会長をつとめ(1947‐50),50年の日本労働組合総同盟解体問題では,左派の高野派に対抗して右派の刷新強化運動の中心となり,翌51年9月の総同盟再建大会で総主事に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の菊川忠雄の言及

【解放】より

…この《解放》は第2次の巻号を継承しているが,従来のものとは異なり総合雑誌の形をとらず,社会大衆党系の政論雑誌の性格をもっている。執筆者には,主宰者の麻生久のほか,田所輝明,菊川忠雄ら同党系の論者が多い。36年(17巻2号)まで確認されている。…

※「菊川忠雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊川忠雄の関連キーワード軍事教練反対運動全国労働組合同盟菊川 君子昭和時代学連事件組合同盟黎明会政治家新人会