コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萬屋錦之介 よろずやきんのすけ

3件 の用語解説(萬屋錦之介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萬屋錦之介
よろずやきんのすけ

[生]1932.11.20. 東京
[没]1997.3.10. 千葉,柏
映画俳優。本名小川錦一。歌舞伎俳優の3世中村時蔵の4男で 1936年,中村錦之助の芸名で初舞台。 54年新芸プロの『ひよどり草紙』に出演後,東映と契約。『笛吹童子』 (1954) ,『紅孔雀』 (54~55) などで人気を博し,59年ブルーリボン大衆賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

萬屋錦之介【よろずやきんのすけ】

俳優。東京都生れ。本名小川錦一。歌舞伎の3世中村時蔵の四男。1936年に中村錦之助の名で初舞台。しかし,1954年に《ひよどり草紙》で映画デビュー,当時の歌舞伎界には歌舞伎と映画の両方での活動を認めないという風潮があり,歌舞伎の道を断念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萬屋錦之介
よろずやきんのすけ
(1932―1997)

俳優。東京都生まれ。本名小川錦一。歌舞伎俳優3代目中村時蔵の四男で、1936年(昭和11)4歳のとき中村錦之助の芸名で初舞台を踏んだ。1953年映画に転向し『ひよどり草紙』でデビュー。以後、『笛吹童子』『里見八犬伝』『紅孔雀(べにくじゃく)』などが大ヒットし、スターの座を確立した。テレビ時代劇では『子連れ狼(おおかみ)』で主役を演じ高視聴率を上げた。1972年芸名を萬屋錦之介に改名。1982年自ら設立した中村プロダクションが倒産、重症筋無力症に襲われたが、1983年末のテレビ『子連れ狼』で奇跡的に復帰した。最後の映画は1989年の『千利休 本覺坊遺文』。1958年『一心太助』シリーズなどでブルーリボン賞大衆賞、1961年『反逆児』で芸術祭賞、1963年『武士道残酷物語』でブルーリボン賞主演男優賞を受賞。1997年(平成9)3月10日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の萬屋錦之介の言及

【伊藤大輔】より

…戦後は阪東妻三郎主演の《素浪人罷通る》(1947),《王将》(1948)からキャリアをスタートさせた。《反逆児》(1961)で中村錦之助(のち萬屋錦之介)を,〈錦ちゃん〉の愛称で親しまれたアイドルスターから演技力と格調をそなえた大スターに仕立て上げた功績もあり,晩年は(とくに1970年の《幕末》を最後に映画から遠ざかってからは)錦之介主演で舞台化した《反逆児》を中心に,もっぱら舞台劇の脚本と演出に力を注いだ。著書に加藤泰編《時代劇の詩と真実》(1976)。…

【日本映画】より

…(1)長谷川一夫(1948‐52)(2)鶴田浩二(1952‐53)(3)山村聡(1952‐65)(4)岸恵子,久我美子,有馬稲子の〈にんじんくらぶ〉(1954‐66)(5)三船敏郎(1962‐ 。東京世田谷成城)(6)石原裕次郎(1963‐ )(7)三国連太郎(1963‐65)(8)勝新太郎(1967‐ )(9)中村錦之助(のち萬屋錦之介)(1968‐ )
【時代劇と現代劇】

[サイレント映画の頂点――時代劇の全盛時代]
 日本映画は1920年代後半,量産時代に入り,年間650本ほどの作品がつくられるようになった。まだサイレントの時代であり,全盛期には7000人の弁士がいたという。…

【反逆児】より

…1961年東映作品。〈時代劇の巨匠〉伊藤大輔監督と俳優・中村錦之助(のち萬屋錦之介,1932‐97)の出会いの作品で,同監督の戦後の代表作となるとともに,錦之助を第一線の時代劇スターにした名作。錦之助は,すでに内田吐夢監督《大菩薩峠》三部作(1957‐59),《浪花の恋の物語》(1959),《宮本武蔵》五部作(1961‐65),河野寿一監督《独眼竜政宗》《風雲児・織田信長》(ともに1959),田坂具隆監督《親鸞》二部作(1960)などで,〈錦ちゃん〉の呼名で親しまれたチャンバラ・スターから脱皮して演技派への転身の意欲を見せていたが,この伊藤大輔監督作品で,折り目正しい重厚な演技と凜々(りんりん)とした発声法を身につけて,〈芸のともなった〉貫禄ある大スターに成長する決定的な転機をつくり,《丹下左膳》の大河内伝次郎,《王将》の阪東妻三郎とならんで,伊藤大輔が育てた三大スターとみなされるに至った。…

※「萬屋錦之介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

萬屋錦之介の関連キーワード岡田信一郎階乗合同NエヌNかMか本当にあった(生)ここだけの話N末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萬屋錦之介の関連情報