コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萬屋 錦之介 ヨロズヤ キンノスケ

20世紀日本人名事典の解説

萬屋 錦之介
ヨロズヤ キンノスケ

昭和・平成期の俳優



生年
昭和7(1932)年11月20日

没年
平成9(1997)年3月10日

出生地
東京・青山

本名
小川 錦一

別名
旧芸名=中村 錦之助(ナカムラ キンノスケ)

学歴〔年〕
暁星中卒

主な受賞名〔年〕
ブルーリボン賞(大衆賞 昭33年度)「一心太助」シリーズ,ブルーリボン賞(主演男優賞 昭38年度)「武士道残酷物語」,日本放送作家協会賞(男性演技者賞 昭42年度)「真田幸村」,京都市民映画祭主演男優賞(5回)

経歴
歌舞伎俳優3代中村時蔵の四男。3歳で中村錦之助を名乗り初舞台を踏み、若手女形のホープとして期待される。昭和29年東映に入社し「ひよどり草紙」で映画界にデビュー。「笛吹童子」「紅孔雀」などで一躍トップスターとなる。その後も「一心太助」シリーズ、「織田信長」「宮本武蔵」「反逆児」「武士道残酷物語」などスターの第一線を歩み、東映時代劇の黄金時代を築いた。41年東映を離れフリーとなる。以後「真田幸村」「破れ傘刀舟」「子連れ狼」「長崎犯科帳」などテレビに出演する。47年萬屋錦之介に改名。53年時代劇復興の旗印にした「柳生一族の陰謀」で10年ぶりに東映出演、ベテランの貫祿を示した。57年オーナーを務める中村プロが倒産し、病いにも倒れるという二重の不運に見舞われたが、筋無力症の手術に成功し、58年TV「子連れ狼」でカムバック。平成元年8年ぶりに本格的時代劇「千利休」に出演、3年にはドラマ「雲霧仁左衛門」で主演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

萬屋 錦之介
ヨロズヤ キンノスケ


職業
俳優

本名
小川 錦一

別名
前名=中村 錦之助(ナカムラ キンノスケ)

生年月日
昭和7年 11月20日

出生地
東京都 港区青山

学歴
暁星中卒

経歴
父は歌舞伎俳優・3代目中村時蔵で、10人きょうだい(5男5女)の四男。昭和11年3歳で中村錦之助を名乗り、「厳島招桧扇」の清盛の童の役で初舞台を踏む。子役時代は才気あふれる演技が注目され、伯父である初代中村吉右衛門の芝居にもたびたび出演。暁星中学卒業後は父の芸風を受け継ぎ、「鏡山旧錦絵」のお初役などを好演して若手女形のホープとして期待された。のち立ち役に転向するが、すでに2人の兄が歌舞伎俳優となっており、長幼の序が重んじられる歌舞伎界ではなかなか良い役が与えられなかった。28年歌舞伎座舞台「明治零年」で島田魁を演じた際、その演技がかねてから娘・美空ひばりの映画の相手役を探していた加藤喜美枝の眼に止まり、29年内出好吉監督のひばり映画「ひよどり草紙」の美少年剣士・筧耀之助役で映画デビュー。同年東映と契約を結び、「笛吹童子」「里見八犬伝」「新諸国物語 紅孔雀」などの出演作が軒並みヒットし、東千代之介と並ぶスターとなった。その後、オールスター映画「任侠清水港」や内田吐夢監督の大作「大菩薩峠」などでアイドルから演技派俳優へと脱皮を図り、沢島忠監督の〈一心太助〉シリーズや内田監督〈宮本武蔵〉シリーズが当たり役となってからは「風雲児・織田信長」「親鸞」「瞼の母」などスターの第一線を歩み、東映時代劇の黄金時代を築いた。36年「反逆児」で時代劇映画としては初の芸術祭賞を、39年には今井正監督「武士道残酷物語」でブルーリボン主演男優賞を受賞。一方で舞台にも出演し、39歌舞伎座で父、次兄・4代目時蔵の追善興行を行った。40年東映俳優クラブ組合代表となり、俳優の待遇改善を会社に訴えるが失敗。41年東映専属から年4本の優先契約に切り替えたのを経て、フリーとなる。同年NET「暗闇の丑松」でテレビ時代劇ドラマに初登場。42年自主映画「祇園祭」を制作するため、日本映画復興協会を設立して自ら代表取締役に就任、様々な紆余曲折ののち、京都府・京都市や府民の協力によって完成した同作は大ヒットとなった。43年中村プロダクションを創立してからは大映、東宝などの映画に出演する一方、「真田幸村」「破れ傘刀舟」「破れ奉行」「破れ新九郎」「子連れ狼」「長崎犯科帳」などのテレビ時代劇を製作・出演。46年父の母方の家が営んでいた芝居茶屋にちなんで屋号を“播磨屋”から“萬屋”に改め、47年それにともなって芸名を萬屋錦之介に改名。53年時代劇復興の旗印にした「柳生一族の陰謀」の柳生但馬守役で7年ぶりに東映作品に出演、作品もヒットしベテランの貫祿を示した。その後も映画、テレビ、舞台と精力的に活動するが、57年中村プロダクションが倒産。同年6月には歌舞伎座公演中に重症筋無力症に倒れ、休養を余儀なくされた。手術成功後の58年、「子連れ狼」でテレビに、60年「御存じ一心太助」で舞台に復帰。61年には舞台「春秋千姫絵巻」で久々に美空ひばりと共演し、話題となった。平成元年、8年ぶりに本格的時代劇映画「本覚坊遺文 千利休」に出演。3年ドラマ「雲霧仁左衛門」で主演。6年には「春の坂道」以来22年ぶりにNHK大河ドラマ「花の乱」にレギュラー出演し、山名宗全役を好演するなど、晩年も圧倒的な存在感を持ち続けた。8年中咽頭がんの手術を受け、NHK大河ドラマ「毛利元就」の尼子経久役を降板。昭和36年女優の有馬稲子と結婚し、40年離婚、41年淡路恵子と再婚したが、62年再び離婚。平成2年甲にしきと入籍した。

受賞
ブルーリボン賞(大衆賞 昭33年度)「一心太助」シリーズ,ブルーリボン賞(主演男優賞 昭38年度)「武士道残酷物語」,日本放送作家協会賞(男性演技者賞 昭42年度)「真田幸村」,京都市民映画祭主演男優賞(5回)

没年月日
平成9年 3月10日 (1997年)

家族
妻=甲 にしき(女優),祖父=中村 歌六(3代目),父=中村 時蔵(3代目),兄=中村 歌昇(2代目),中村 時蔵(4代目),小川 三喜雄(映画プロデューサー),弟=中村 嘉葎雄,長男=小川 晃広(俳優),二男=萬屋 吉之亮(俳優)

親族
伯父=中村 吉右衛門(初代),叔父=中村 勘三郎(17代目)

伝記
スタアの花咲く昭和時代〈2〉昭和30年〜40年編―近代映画社創立62周年記念出版 復刻・保存版鬼平犯科帳人情咄―私と「長谷川平蔵」の30年映画俳優ひばり裕次郎 昭和の謎スター誕生―ひばり・錦之助・裕次郎・渥美清そして新・復興期の精神親父の涙萬屋錦之介―淡路恵子特別インタビュー「映画ファン」スタアの時代中村錦之助 東映チャンバラ黄金時代 Kindai 特別編集高瀬 昌弘 著佐藤 忠男 著吉田 司 著吉田 司 著島 英津夫 著渡部 保子 著錦之介映画研究会 編(発行元 近代映画社文芸春秋晶文社講談社講談社集英社筑波書房ワイズ出版 ’07’03’03’03’99’99’98’97発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

萬屋 錦之介 (よろずや きんのすけ)

生年月日:1932年11月20日
昭和時代;平成時代の俳優
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

萬屋 錦之介の関連キーワード鬼平犯科帳(テレビドラマ)『日本侠客伝』シリーズ独立プロダクション千利休 本覺坊遺文中村獅童(二代目)仕掛人・藤枝梅安宮本武蔵(映画)隠密奉行朝比奈東 千代之介御木本 伸介東映[株]東映(株)大川 橋蔵仕掛人梅安南方 英二赤穂城断絶独立プロ生年月日加藤泰小林功

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萬屋 錦之介の関連情報