コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

董建華 とうけんか

2件 の用語解説(董建華の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

董建華【とうけんか】

香港の政治家。上海出身。1949年父親とともに香港へ移住。英国リバプール大学卒業。1982年に経営が傾きかけていた父親の海運会社東方海外有限公司を引き継ぐ。その立直しに中国からも支援を受け,そのためもあって親中国派とみられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

董建華
とうけんか / トンチエンホワ
Dong Jian-hua
(1937― )

香港(ホンコン)の実業家。中国返還後の香港特別行政区の初代行政長官。上海(シャンハイ)生まれ。海運王・董浩雲の長男で、1947年、家族とともに香港に移住した。イギリスのリバプール大学に学び、1979年から父親の海運会社・東方海外国際社の事業を引き継ぎ、1985年に同社が経営破綻(はたん)した際にその立て直しに成功した。このときに中国が資金援助したことから中国との強いパイプができ、1993年に中国人民政治協商会議委員、1996年1月には香港特別行政区準備委員会副主任に就任した。同年9月、返還後の香港の最高指導者である行政長官に立候補し、12月、推薦委員会の間接選挙で当選した。1997年7月就任(2002年2月再選)。上海出身ということで江沢民(こうたくみん/チアンツォーミン)の権力基盤である上海閥につらなり、イギリスとの関係も良好で、日米の財界人にも友人が多い。さらに父親が親台湾派だったことから台湾にも人脈がある。中国が決めた人権法の改定に支持を表明して中国寄りの姿勢を示す一方、政庁幹部の多くを留任させ、民主派にも対話をよびかけるなど円滑な返還のための準備を進め、香港人であるアンソン・チャン(陳方安生)の特別行政区政務長官就任を要請した(1997年就任、2001年辞任)。1991~1996年、港日経済合同委員会委員をつとめた際や、行政長官就任後の1997年(平成9)、2001年と度々訪日している。2005年3月任期なかばにして健康上の問題を理由に辞任。[渡邊幸秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

董建華の関連キーワード宋慶齢曹汝霖タフトモロトフ父親上海蟹職業政治家新千歳空港の国際線呉鼎昌渡辺昭夫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

董建華の関連情報