コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦簀/葭簀 ヨシズ

デジタル大辞泉の解説

よし‐ず【××簀/××簀】

ヨシの茎を編んで作った簀(す)。よしすだれ。人目や日ざしをさえぎるのに使う。 夏》「影となりて茶屋の―の中にをる/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

葦簀

葦簀は、と同様、日光を遮りながら風を通す、非常に便利な道具です。室内からブラインドをするよりも効果は高く、現在でもよく使われています。その用途から、夏の風物詩として認識されていますが、北海道では寒さを防ぐためにも使用されていました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

葦簀/葭簀の関連キーワード立て巡らす・立巡らす葦簀張り・葦簀張葦簀囲い葦簀張り雪覆い網魞類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android