蒸ノ湯温泉(読み)ふけノゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸ノ湯温泉
ふけノゆおんせん

秋田県北東部,八幡平の西麓鹿角市にある温泉。標高 1090mの高地に位置し,名の通り蒸し風呂が特徴。泉質単純泉硫黄泉泉温 75~93℃。神経痛リウマチ呼吸器病などにきく。湯量が豊富で,国民保養温泉地に指定されている。十和田八幡平国立公園に属し,八幡平アスピーテラインの終点。八幡平観光の基地としての役割も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸ノ湯温泉
ふけのゆおんせん

秋田県北東部、鹿角市(かづのし)にある温泉。八幡平(はちまんたい)の西麓(せいろく)、標高1100メートルにある。泉質は硫黄泉。オンドル式の蒸し風呂(ぶろ)や露天風呂のある湯治場として知られたが、1973年(昭和48)山崩れにより、建物の多くが倒壊、高台のホテルのみ残った。道路の八幡平アスピーテラインが近くを通り、JR花輪線八幡平駅、JR田沢湖線(秋田新幹線)田沢湖駅からバスの便がある。国民保養温泉地。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android