コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸発散 じょうはっさんevapotranspiration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸発散
じょうはっさん
evapotranspiration

地表から大気に供給される水蒸気の量で,地面からの蒸発量と植物の葉面からの蒸散量を合わせたもの。地中が水で飽和状態のとき最大となるが,気温によって大きく支配される。水収支の問題を扱う際の重要な概念でもあり,農業とは深い関連をもつ。蒸発散量降水量との差がその土地の水の不足量ないしは余剰量となる。水分不足が起こらないよう十分水が供給されたと仮定したときの蒸発散量を計算で求め,これを蒸発散位と定義する。チャールズ・ソーンスウェートはこの蒸発散位を用いて気候を区分した(→ソーンスウェートの気候区分)。それによると,蒸発散位の年総量 1141mm以上が熱帯,1140~571mmが温帯,570~286mmが冷帯,285~142mmがツンドラ,そして 141mm以下が氷雪の各気候となる。(→蒸散蒸発

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐はっさん【蒸発散】

土壌面からの水の蒸発と、植物からの水の発散。地上面からの大気中への水の移動をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蒸発散【じょうはっさん】

水面,地面からの水の蒸発と,植物体を通じて水が水蒸気になる蒸散の両者をいう。地球上の水収支の考察には蒸発散量を用いる必要がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうはっさん【蒸発散】

地表面から大気中への水の移動。裸地(土壌面)からの水の蒸発と、そこに生育する植物による水の蒸散とを合わせた呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蒸発散の関連キーワード湿潤指数(ソーンスウェイト)ソーンスウェイトの気候区分国際砂漠・砂漠化年2006サバンナ(植生帯)瀬戸内式気候亜熱帯無風帯湿潤地農業スッド盆地ボウエン比水理気象学ハンガリー気候分類気象観測気候示数気候区分乾燥気候乾燥地形乾燥係数気候要素湿潤係数

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒸発散の関連情報