蒸発散(読み)じょうはっさん(英語表記)evapotranspiration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「蒸発散」の解説

蒸発散
じょうはっさん
evapotranspiration

地表から大気に供給される水蒸気の量で,地面からの蒸発量と植物の葉面からの蒸散量を合わせたもの。地中が水で飽和状態のとき最大となるが,気温によって大きく支配される。水収支の問題を扱う際の重要な概念でもあり,農業とは深い関連をもつ。蒸発散量降水量との差がその土地の水の不足量ないしは余剰量となる。水分不足が起こらないよう十分水が供給されたと仮定したときの蒸発散量を計算で求め,これを蒸発散位と定義する。チャールズ・ソーンスウェートはこの蒸発散位を用いて気候を区分した(→ソーンスウェートの気候区分)。それによると,蒸発散位の年総量 1141mm以上が熱帯,1140~571mmが温帯,570~286mmが冷帯,285~142mmがツンドラ,そして 141mm以下が氷雪の各気候となる。(→蒸散蒸発

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「蒸発散」の解説

蒸発散【じょうはっさん】

水面,地面からの水の蒸発と,植物体を通じて水が水蒸気になる蒸散の両者をいう。地球上の水収支の考察には蒸発散量を用いる必要がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「蒸発散」の解説

じょう‐はっさん【蒸発散】

〘名〙 蒸発と蒸散が結びついた作用。土壌面からの蒸発と植物体からの蒸散によって、地球表面から大気中に水蒸気が移動してゆくこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蒸発散」の解説

じょう‐はっさん【蒸発散】

土壌面からの水の蒸発と、植物からの水の発散。地上面からの大気中への水の移動をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android