コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸(し)菓子 ムシガシ

世界大百科事典内の蒸(し)菓子の言及

【蒸物】より

…蒸気で蒸してつくる料理。まんじゅう,蒸しようかんなどの蒸菓子をこの名で呼ぶこともある。平安時代にはすでに使われていたことばで,《大和物語》には〈庭に生たるな(菜)をつみてむし物といふものにして〉という記述がある。…

【和菓子】より

…そのほか,静岡の安倍川餅,伊勢の赤福餅,近江草津の姥(うば)が餅,あるいは各地名物の力餅の類も餅菓子に属する。(2)蒸菓子 酒まんじゅう,薯蕷(しよよ)まんじゅうなどのまんじゅう類や蒸しようかん(ようかん)など点心として発達してきた菓子はほとんどこの類に属する。まんじゅう類はあんを包んで成形したものを蒸し,蒸しようかん,外郎(ういろう),かるかんなどは材料をまぜ合わせた種を枠型に入れて蒸し,それを拍子木形に切り分けるものが多い。…

※「蒸(し)菓子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒸(し)菓子の関連キーワードまんじゅう(饅頭)ういろう(外郎)開運老松観音力蒸物饅頭軽羹

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android