コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)菓子 ウチガシ

2件 の用語解説(打(ち)菓子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐がし〔‐グワシ〕【打(ち)菓子】

打ち物4

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打菓子
うちがし

干菓子の一種で打ち物ともいう。葛粉(くずこ)や穀物の粉と砂糖をあわせ、木型に詰めて押し固め、木型の一端を木づちでたたき、慣性を利用して菓子を木型から打ち出す。打菓子の代表である落雁(らくがん)(のちに金花糖や有平糖(あるへいとう)など二枚木型の打菓子もできた)は、室町時代から存在したが、当時は打ち抜く木型も粗末なものであったと思われる。精巧な木型が誕生するのは、江戸時代初期につくられた金沢の落雁「長生殿」からで、江戸中期には紋菓子用の木型をはじめ、松竹梅、桐(きり)、梅鉢、唐松、紅葉(もみじ)、菊、貝、千鳥、観世水(かんぜみず)、鯛(たい)など、多様な木型が出そろった。さらに下って文化・文政(ぶんかぶんせい)年間(1804~30)に入ると、東錦絵(あづまにしきえ)(多色刷り浮世絵版画)の影響を受け、風景や人物を配した豪華で大形な打菓子もつくられた。しかし長くは続かず、明治維新ごろには影を潜めた。世相を反映したものであろう。今日でも、式菓子用に鶴亀(つるかめ)などの大形打菓子があるほか、小形ではあるが、近江(おうみ)八景など名所旧跡を木型にした落雁はつくられている。風雅な打菓子をつくるには、優れた木型彫りとの出会いがたいせつであるが、現在はこうした職人が少ないので、干菓子屋は伝来の木型をだいじに使っている。木型は磨滅の少ない桜材がよく、羽子板のような木型に同型の文様が端正に彫られている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打(ち)菓子の関連キーワード鎚起数打ち散供待ち物毬打ち仇討ち物打緒打置き打ち物業敵討ち物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone