コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南無三宝 なむさんぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南無三宝
なむさんぼう

南無は namasの音写で帰命するという意。三宝は仏教で尊ぶ3種の宝で,仏陀,仏教の説く真理,出家修行者や信徒またはその集団をいう。したがって,以上の三宝に対して敬礼するという意。一般には,危機に遭遇したとき発する言葉として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なむ‐さんぼう【南無三宝】

[名]仏・法・僧の三宝に帰依する意。三宝に呼びかけて、仏の助けを求める語。
[感]驚いたとき、失敗したときなどに発する語。しまった。なむさん。「南無三宝、こいつは困った」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なむさんぼう【南無三宝】

( 名 )
仏・法・僧の三宝に帰依すること。
( 感 )
驚いたり失敗したりしたときなどに発する語。しまった。大変だ。なむさん。 「 -。…したたか斬られた/謡曲・夜討曽我」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南無三宝
なむさんぼう

仏(覚者)・法(仏の教え)・僧(教えを信奉する教団)を宝に例え、その三宝に帰依(きえ)すること。三宝に帰依を表明することは仏教徒としての基本的条件である。サンスクリット語ナモー・ラトナ・トラヤーヤnamo ratna-trayyaはその原語で、ナムカラタンノトラヤヤは漢字に音写したもの「南無喝怛那夜耶」の代表的読み方。転じて、俗語で、失敗をしたと思ったときに、成功を祈る気持ちで発する間投詞として用いる。さらには、「南無三」「南無三、しまった」と重ねていったりして、物事をし損なったときに発する語として用いる。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南無三宝の関連キーワード帰命南無曩莫ペルクーナスの家帰命帰命南無帰命南無妙法蓮華経礼拝真言

南無三宝の関連情報