蓮華会(読み)れんげえ

精選版 日本国語大辞典「蓮華会」の解説

れんげ‐え ‥ヱ【蓮華会】

〘名〙
① 六月二〇日、京都鞍馬寺の毘沙門堂法師が山刀で大蛇に見立てた青竹を切る式。鞍馬の竹切り。竹切の会式。《季・夏》
※俳諧・滑稽雑談(1713)六月「鞍馬竹截〈〉六月二十日竹伐の事、具には華会と云」
② 奈良県金峯山寺で七月七日(古くは六月九日)に行なわれる法会。早朝より講中の人々が蓮(はす)の花を持ってのぼり、蔵王堂に供え、に扮(ふん)したものを僧達が祈り責め、やがて人間に立ち返らせるといった儀式が行なわれる。《季・夏》
※俳諧・滑稽雑談(1713)六月「吉野蛙飛(九日)当山の蓮華会也」
③ 奈良県の当麻(たいま)寺で、七月二二日に修する法会。中将姫が蓮の糸の曼荼羅(まんだら)を感得した記念という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蓮華会の言及

【延年】より

…そして,時の経過とともに延年芸にはさまざまの意匠がこらされ,演ぜられる芸能の種類もしだいに増加していった。たとえば多武峰では6月の蓮華会の延年が盛大であったが,その蓮華会延年の室町後期における演目をみると,頌物,俱舎舞(くしやまい),切拍子,乱拍子,音取(ねとり),楽,朗詠,白拍子,開口,連事(れんじ),狂物,伽陀,小風流,大風流,鉾振(ほこふり)などがあり(1515年(永正12)の《蓮華会延年式目》),演目の増加と次第の整備がいっそう進んでいることがわかる。これを興福寺など他の寺院の室町期の演目に比較してみると,多少の出入りはあるが,大略は上記の多武峰蓮華会の延年式目に一致する。…

※「蓮華会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報