コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮門教 レンモンキョウ

デジタル大辞泉の解説

れんもん‐きょう〔‐ケウ〕【×蓮門教】

明治初期に成立した新宗教教祖は島村みつ。法華神道系で、「事の妙法様」を信仰。御神水を用いた病気治療で、一時多くの信者を得たが、布教法が新聞で批判を受けたりして明治末には急激に衰退し、やがて消滅した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんもんきょう【蓮門教】

明治初年に興った新宗教の一。教祖は島村ミツ。日蓮教学を基盤とし、神道儀礼を取り入れ、神水による治療を行なって信者を集めた。九州小倉で興り、のち東京に進出。大成教に属したが1916年(大正5)に分裂、のち消滅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓮門教
れんもんきょう

豊前(ぶぜん)国(福岡県)小倉(こくら)の商人の妻、島村美津(みつ)(1831―1914)が創唱した法華神道(ほっけしんとう)系の宗教。蓮門教では、神前で「事(じ)の妙法(みょうほう)、南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」と5回唱えて拍手礼拝(らいはい)し、儀礼には中臣祓(なかとみはらい)、禊祓(みそぎはらい)を用いた。「事の妙法様」を信仰し、神水を頂けば病気も治り、あらゆる現世利益(げんぜりやく)がもたらされるとし、信者に教祖自筆の「事妙法(じのみょうほう)」を授けた。蓮門教は、1877年(明治10)ごろからコレラの流行に乗じて東京、中国地方、九州地方北部で教勢を拡大したが、治病活動のため当局の圧迫干渉を被り、新聞、知識人、既成宗教から「邪教」として集中的な攻撃を受けた。そのため教勢は急速に衰え、国家神道の確立によって法華神道の存在する余地が狭められたこともあって、1940年代には蓮門教系の教団は姿を消した。[村上重良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蓮門教の言及

【教派神道】より

…大社教と神宮教は,それぞれ出雲大社と伊勢神宮の既成の講を再編成した宗教である。神道本局の付属教会の蓮門教は,法華神道をかかげ,1880年代を中心に教勢を拡大したが,のち衰えた。 教派神道の多くは,国家神道体制下で,仏教系,キリスト教系以外の民間の宗教を幅ひろく結集して教団を形成した。…

※「蓮門教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓮門教の関連キーワード神道大成教村上重良島村光津大成教進出基盤分裂大正