(読み)たで

精選版 日本国語大辞典「蓼」の解説

たで【蓼】

〘名〙 タデ科タデ属に分類される草本の総称。路傍水辺に生える。一般に、葉は細長く節にさや状の托葉があり、枝先に小花を密生した花穂をつける。花は単弁花で花弁はなく、(がく)が花弁状に発達している。ヤナギタデ(別名マタデ、ホンタデ)やアザブタデは、葉を香辛料として生食するほか、蓼酢を作るのに用いられ、民間薬として虫さされや利尿剤として用いられる種類もある。狭義にはヤナギタデのことをいう。《季・夏》
▼蓼の花《季・秋》
万葉(8C後)一一・二七五九「わがやどの穂蓼(たで)古幹(ふるから)つみ生(お)ほし実になるまでに君をし待たむ」
[補注]歌語としては、「万葉集」では挙例の歌の他にも地名「穂積」にかかる枕詞水蓼(みずたで)」として用いられるなど、あくまでも「穂をつむ」ものとして扱われている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓼」の解説

たで【×蓼】

タデ科タデ属の植物の総称。イヌタデハナタデオオケタデサクラタデなど。また特に、葉を和風香辛料とするヤナギタデなどをさす。 夏 花=秋》到来の酢に―摘む妹が宿/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蓼」の解説

蓼 (ヤナギタデ・タデ)

学名Persicaria hydropiper var.hydropiper
植物。タデ科の一年草,薬用植物

蓼 (タデ)

植物。タデ科タデ属の一年草の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android