犬蓼(読み)イヌタデ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐たで【犬×蓼】

タデ科の一年草。道端などに自生。高さ20~40センチ。茎は紅紫色を帯びる。葉は細長い楕円形で両端がとがり、縁や裏の脈上に毛がある。夏からに、紅紫色の小花を穂状につける。あかのまま。あかのまんま。あかまんま。 花=秋》「―の花くふ馬や茶の煙/子規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬蓼 (イヌタデ)

学名:Polygonum longisetum
植物。タデ科の一年草,園芸植物,薬用植物

犬蓼 (イヌタデ)

植物。大毛蓼の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぬ‐たで【犬蓼】

〘名〙
① タデ科の一年草。各地の原野、路傍に生える。高さ二〇~四〇センチメートル。茎は紅紫色を帯びる。葉は狭長楕円形で両端がとがり、縁や裏面の脈上に毛がある。夏から秋に、紅紫色の細かい花が集まって、長さ一~五センチメートルほどの穂となる。花には花弁はなく、五枚の赤い萼片(がくへん)があり、結果時まで残る。茎葉は煎(せん)じて解毒、駆虫薬とするが、胃潰瘍にも効くという。はなたで。あかのまんま。あかまんま。《季・秋》〔本草色葉抄(1284)〕
※紫(1901)〈与謝野鉄幹〉清狂「犬蓼の花さく見ればしのばるる君と韓野に駒なめし秋」
② 辛味がなく、食用とならないタデの総称。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
③ 植物「おおけたで(大毛蓼)」の古名。〔本草和名(918頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報