コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄田兼相 すすきだかねすけ

4件 の用語解説(薄田兼相の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薄田兼相
すすきだかねすけ

[生]?
[没]慶長20(1615).5.6. 大坂
安土桃山時代の武将。隼人正と称した。出身は不明であるが,大坂の陣において大坂方の武将として後藤基次らとともに活躍。夏の陣の際,大坂道明寺口片山辺において伊達政宗の重臣片倉小十郎重綱の一隊と戦い,戦死した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薄田兼相 すすきだ-かねすけ

?-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
豊臣秀吉,秀頼につかえる。大坂冬の陣では侍大将として伯労ケ淵(ばくろうがふち)をまもったが,遊女屋にでかけて不在中に砦(とりで)をうばわれた。夏の陣では雪辱を期して道明寺に出陣,奮戦の末,慶長20年5月6日討ち死に。岩見重太郎は兼相の前身との俗説がある。通称は隼人正(はやとのしょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

薄田兼相

没年:元和1(1615)
生年:生年不詳
安土桃山・江戸時代初期の武功者。隼人正と称した。小早川隆景の家臣薄田重左衛門の子。剣術に優れ,鞍馬八流の剣法および気合の術を学び,諸国をめぐって武者修行をした。その後,慶長19(1614)年に大坂冬の陣が勃発するや,豊臣秀頼の招きに応じて大坂城に入り,博労ケ淵の砦を守備した。しかし敵軍蜂須賀至鎮の部隊の攻撃を受けたときには,遊所にあって防御の指揮に間にあわず砦は落とされた。翌年の夏の陣にはこの雪辱を期して臨み,道明寺の合戦において水野勝成,伊達政宗,本多忠政らの大軍を引き受けて奮戦し,ついに敗れて死んだ。その身体が並はずれて大きく,また大刀を自由に用いて力戦したところから,後世には兼相を伝説の英雄岩見重太郎に擬する説も生じた。

(笠谷和比古)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薄田兼相
すすきだかねすけ
(?―1615)

安土(あづち)桃山時代の武将。隼人正(はやとのしょう)。豊臣(とよとみ)秀吉・秀頼(ひでより)に仕え、1612年(慶長17)正月には秀頼の名代として、駿府(すんぷ)の徳川家康のもとへ年賀の使に行っている。豪勇をうたわれ、大坂冬の陣では伯労淵(ばくろうぶち)の砦(とりで)の守将であったが、市中の遊女屋に遊んでいたすきに、蜂須賀(はちすか)勢の奇襲を受けて砦を奪われた。夏の陣ではこの恥をすすごうと討ち死に覚悟で道明寺(どうみょうじ)に出陣。前年の汚名を償ってなお余りあるほどの奮戦のすえ、壮烈な死を遂げた。講談でおなじみの岩見重太郎(いわみじゅうたろう)はその前身というが、俗説である。[岡本良一]
『岡本良一著『大坂冬の陣・夏の陣』(1972・創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄田兼相の関連キーワード牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代安土桃山文化織豊時代政常亀井玆矩伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone