岩見重太郎(読み)いわみじゅうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩見重太郎
いわみじゅうたろう

伝説的豪傑講談,小説,戯曲のなかの人物で,ひひや山賊退治,仇討などは有名。元和1 (1615) 年,大坂夏の陣 (→大坂の陣 ) で戦死した大坂方武将薄田兼相と同一人物とみる説もあるが不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岩見重太郎【いわみじゅうたろう】

読本(よみほん),講談,歌舞伎などで有名な桃山時代の伝説的豪傑。筑前小早川家の臣で,諸国を武者修行して,狒狒(ひひ)退治あるいは大蛇退治などで勇名をとどろかせ,天橋立で父の仇広瀬軍蔵を討ち,やがて豊臣家に仕え薄田兼相(すすきだかねすけ)となったとされる。なお実在の薄田兼相〔?-1615〕は豊臣氏の武将として大坂夏の陣で戦死。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩見重太郎 いわみ-じゅうたろう

?-? 織豊-江戸時代前期の剣術家。
丹後(京都府)天橋立(あまのはしだて)での仇討ち,信濃(しなの)(長野県)での狒々(ひひ)退治など,読み本や講談で知られる豪傑。豊臣方にくわわり,慶長20年(1615)大坂夏の陣の道明寺の戦いで討ち死にしたという。薄田兼相(すすきだ-かねすけ)と同一人物とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いわみじゅうたろう【岩見重太郎】

?‐1615(元和1)
安土桃山時代から江戸前期にかけて活躍した武芸者。剣の達人として名高く,豊臣秀吉につかえたが,1615年の大坂夏の陣において,伊達政宗の家臣片倉重綱の軍勢と戦い,河内の道明寺で討死した。諸国を巡歴していたころ,丹後の天橋立で仇討の助太刀をしたはなし,信州松本在吉田村で甲羅を経た狒々(ひひ)をひとりで退治してみせたはなし,河内国丹南郡葛城山の山中で山賊退治をしたはなしなどが,真偽とりまぜて多くの講釈草双紙,立川文庫,大衆演劇の紹介するところとなり,ヒーロー化されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いわみじゅうたろう【岩見重太郎】

安土桃山・江戸前期の伝説的武芸者。筑前小早川家の臣で、諸国巡歴ののち、豊臣秀吉に仕え、薄田隼人すすきだはやとと称し大坂夏の陣で討ち死にしたとされる。狒々ひひ退治や天橋立あまのはしだての仇討ちなどで知られ、草双紙・講談などにつくられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩見重太郎
いわみじゅうたろう

生没年不詳。桃山時代の豪傑。筑前(ちくぜん)(福岡県)小早川(こばやかわ)家の臣岩見重兵衛の子で、父の敵(かたき)広瀬軍蔵を討ったのち豊臣(とよとみ)家に仕え、1615年(元和1)の大坂夏の陣で討ち死にしたという。同じ戦で勇名を得た薄田隼人兼相(すすきだはやとかねすけ)と同一視する説もあるが信用はできない。講談や読本(よみほん)(『岩見英雄録』など)には、天橋立(あまのはしだて)で仇討(あだうち)をするまで諸国を武者修行し、ヒヒや山賊を退治する豪傑として活躍、歌舞伎(かぶき)にも扱われている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩見重太郎の関連情報