コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井寺市 ふじいでら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤井寺〔市〕
ふじいでら

大阪府中南部,大和川中流部左岸の市。 1959年藤井寺町と道明寺町が合体して藤井寺道明寺町が成立。 66年市制施行と同時に名称変更。北部は石川,大和川が形成する平野。西部と南部は羽曳野丘陵に続く台地。かつては中心市街地の藤井寺では製箔,紙器などの在来工業,平野部では米作のほかイチジク,台地ではモモ,ブドウなどの果樹栽培が行われていたが,23年近畿日本鉄道南大阪線が通じてから宅地化が進み,第2次世界大戦後は公営・公団住宅が大量に建設され,大阪南郊の代表的な住宅衛星都市となった。 69年西名阪自動車道のインターチェンジが設けられ,工業地も形成された。台地上には仲哀・允恭両天皇陵をはじめ史跡指定の古室山古墳群,城山古墳国府遺跡鉢塚古墳があり,葛井 (ふじい) 寺,道明寺,道明寺天満宮 (いずれも国宝を所蔵) などの古社寺が多い。面積 8.89km2。人口 6万5438(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじいでら‐し〔ふぢゐでら‐〕【藤井寺市】

藤井寺

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤井寺市の関連情報