コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津堂城山古墳 つどうしろやまこふん

3件 の用語解説(津堂城山古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津堂城山古墳
つどうしろやまこふん

大阪府藤井寺市津堂にある前方後円墳。全長約 200m,後円部の径約 125m,前方部の幅約 115mもある大きな古墳で,周濠,土堤をめぐらしている。 1912年には長持形石棺を納めた竪穴式石室が発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津堂城山古墳【つどうしろやまこふん】

大阪府藤井寺市津堂にある4世紀末―5世紀初の前方後円墳(史跡)。古市(ふるいち)古墳群の一つ。全長208m,周囲に濠,堤をめぐらす。葺石をもち,円筒埴輪,朝顔形埴輪のほか,衣蓋(きぬがさ)・翳(さしば)などの形象埴輪も出土している。
→関連項目古市古墳群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津堂城山古墳
つどうしろやまこふん

古市(ふるいち)古墳群の北端、大阪府藤井寺市大字津堂に位置する古墳。同古墳群中の巨大古墳では築造年代がもっとも古く、4世紀末を下らない。中世には三好(みよし)氏の城郭に利用された。国指定史跡だが、後円部上段は宮内庁管理下にある。墳丘長208メートル、後円部径128メートル、前方部幅121メートル、周堀(しゅうぼり)が二重に巡り、墓域の広さは432メートル×352メートルに達する。くびれ部の両側に造り出しを伴うほか、前方部左右の内堀の中に方形の陪塚(ばいづか)があり、その斜面に水鳥形埴輪(はにわ)が置かれていた。そのほかにも形象埴輪、円筒埴輪が多数知られる。1909年(明治42)後円部で長持(ながもち)形石棺を納めた竪穴(たてあな)式石室が発見され、坪井正五郎らが調査を行った。棺内には朱が充満し、銅鏡8面以上、巴形(ともえがた)銅器、矩形(くけい)銅板、円形銅板、銅製弓弭(ゆはず)、矢筈(やはず)、櫛(くし)、車輪石、鍬形石(くわがたいし)、滑石製勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、臼玉(うすだま)、刀剣類多数、刀子(とうす)、短甲(たんこう)などが出土し、その一部が宮内庁に保管され、埴輪などの一部は大阪府と藤井寺市に保管されている。[石部正志]
『原島礼二・石部正志他著『巨大古墳と倭の五王』(1981・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津堂城山古墳の関連キーワード大阪府藤井寺市青山大阪府藤井寺市大井大阪府藤井寺市岡大阪府藤井寺市国府大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田大阪府藤井寺市惣社大阪府藤井寺市津堂大阪府藤井寺市野中大阪府藤井寺市林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone