藤原刷雄(読み)ふじわらの よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原刷雄 ふじわらの-よしお

?-? 奈良時代の官吏。
藤原仲麻呂の6男。母は大伴犬養(おおともの-いぬかい)の娘。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)遣唐留学生となり渡唐。父の反乱に際しては,禅行をつんでいたとの理由で死罪をまぬかれ,隠岐(おき)に配流。のちゆるされて上総守(かずさのかみ),大学頭(かみ)などを歴任,延暦(えんりゃく)10年(791)陰陽頭(おんようのかみ)となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原刷雄

生年:生没年不詳
奈良時代の貴族。藤原仲麻呂と大伴犬養の娘の子。仲麻呂の第6子。天平勝宝4(752)年,遣唐大使藤原清河の一行に加わり留学生として入唐。父藤原仲麻呂の乱(764)の際,若いときから禅行を積んでいたとしてひとり死罪を免れ,隠岐(島根県)に配流。宝亀3(772)年許され,以後但馬守,上総守,大学頭,右大舎人頭などを歴任した。延暦10(791)年には陰陽寮(中務省に属する役所。暦作りなどを担当)の長官に任じられた。『唐大和上東征伝』に唐の学僧鑑真を追悼する五言詩が収められている。<参考文献>岸俊男『藤原仲麻呂』

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよしお【藤原刷雄】

奈良時代の官人。生没年不詳。藤原仲麻呂(恵美押勝(えみのおしかつ))の第6子。母は大伴犬養の娘。752年(天平勝宝4)無位から従五位下に叙せられ,遣唐留学生として,大使藤原清河の一行に加わって渡唐した。764年(天平宝字8)の父恵美押勝の乱では,幼少より禅行を修めたゆえをもって,ひとり死を免じられ隠岐に配流となった。のち772年(宝亀3)には本位・本姓に復され,但馬介,但馬守,刑部大判事,治部大輔,上総守,大学頭,右大舎人頭,陰陽頭を歴任した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる