コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤豆・鵲豆 ふじまめ

大辞林 第三版の解説

ふじまめ【藤豆・鵲豆】

マメ科のつる性一年草。熱帯原産。食用とするため広く栽培される。夏から秋にかけ、葉腋に淡紅紫色または白色の蝶形花をつける。莢さやは扁平で長さ約6センチメートル。若い莢を食用とする。関西ではこれをインゲンマメと呼ぶことが多い。センゴクマメ。アジマメ。 [季] 秋。 《 -の咲きのぼりゆく煙出し /高野素十 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤豆・鵲豆の関連キーワードインゲンマメ高野素十

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android