コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠元豆(読み)インゲンマメ

デジタル大辞泉の解説

いんげん‐まめ【隠元豆】

マメ科の蔓性(つるせい)の一年草。葉は3枚の小葉からなる複葉で、軟毛がある。夏、白色・黄白色・淡紅色などの花を総状につける。さやは細長く、未熟果をさやのまま、あるいは熟した種子を食用とする。中央アメリカの原産。蔓のない栽培品種もあり、ツルナシインゲンという。五月ささげ。三度豆。 秋》
フジマメの別名。関西地方でいう。
[補説]名は、伝えたという隠元禅師にちなむが、1のみを伝えたとも、また、1を関東に、2を関西に伝えたともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんげんまめ【隠元豆】

マメ科の一年生作物。南アメリカ原産。多くはつる性。葉は広卵形の小葉三個からなる複葉。花は白色または淡紫色の蝶形花で、葉腋ようえきから出た花穂上に数個つく。豆ざやは線形で細長く、未熟果のうちにさやごと、また熟した種子を食用にする。ゴガツササゲ。 [季] 秋。
フジマメの別名。隠元禅師が日本に伝えたものはこの種であるという。インゲンササゲ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

隠元豆 (インゲンマメ)

植物。菜俗称

隠元豆 (インゲンマメ)

植物。マメ科のつる性一年草ゴガツササゲの別称

隠元豆 (インゲンマメ)

植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物。フジマメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠元豆の関連情報