隠元豆(読み)いんげんまめ

精選版 日本国語大辞典「隠元豆」の解説

いんげん‐まめ【隠元豆】

〘名〙
① マメ科のつる性一年草。中央アメリカ原産で、各地で栽培され、品種も多い。葉は互生し、小葉は三枚で、約六センチメートルの広卵形またはひし形卵形。夏、白または淡紫色の花が腋生の総状花序の上に開く。さやは細長く、中に一〇個ほどの腎臓形の種子をもつ。種子の形や色は品種によって異なる。未熟果をさやのまま、あるいは熟した種子を食用とする。未熟果をさやのまま食べるものをさやいんげん、さやの丸いものをどじょういんげんという。インゲンマメの名は、隠元禅師が中国からもたらしたことによるとするが、隠元禅師が伝えたものは、別種のフジマメであるともいわれる。ごがつささげ。いんげんささげ。にどささげ。さいとう。さんどまめ。いんぎん。《季・秋》
▼いんげんまめの花《季・夏》
※俳諧・俳諧四季部類(1780)七月「なた豆 隠元豆」
※俳諧・続一夜松後集(1786)「蜻蛉のつるみながらに飛あるき〈几董〉 いんげん豆のこける秋風〈之兮〉」
② 「ふじまめ(藤豆)」の関西地方での異名。隠元禅師が承応三年(一六五四)中国からもたらしたもの。また、隠元は二種の豆を持ち帰り、関東にはゴガツササゲ、関西にはフジマメを広めたという説もある。
※雑俳・千枚分銅(1704)「家もりの隠元豆でうそぐらい」

いんぎん‐まめ【隠元豆】

〘名〙 「いんげんまめ(隠元豆)」の変化した語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「隠元豆」の解説

いんげん‐まめ【隠元豆】

マメ科の蔓性(つるせい)の一年草。葉は3枚の小葉からなる複葉で、軟毛がある。夏、白色・黄白色・淡紅色などの花を総状につける。さやは細長く、未熟果をさやのまま、あるいは熟した種子を食用とする。中央アメリカの原産。蔓のない栽培品種もあり、ツルナシインゲンという。五月ささげ。三度豆。 秋》
フジマメ別名。関西地方でいう。
[補説]名は、伝えたという隠元禅師にちなむが、1のみを伝えたとも、また、1を関東に、2を関西に伝えたともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android