コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藻玉 モダマ

デジタル大辞泉の解説

も‐だま【藻玉】

マメ科の常緑の蔓植物(つるしょくぶつ)。暖地の海岸に自生。葉は羽状複葉で、卵形小葉が二対ずつつき、葉軸の先は巻きひげとなる。花は小さく、穂状につく。実は平たいさやで、長さ1メートルにもなって垂れ下がる。種子は扁球状で直径5~7センチくらいになり、印籠(いんろう)などを作った。もだまづる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もだま【藻玉】

マメ科の常緑つる性木本。熱帯地方の海岸に生える。日本では屋久島・沖縄に自生。葉は羽状複葉で、小葉は倒卵形革質。春、開花。豆果は長さ50センチメートル 以上になり、硬く平たい大形の種子がある。種子がしばしば漂着するのでこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藻玉 (モダマ)

学名:Entada phaseoloides
植物。マメ科の常緑つる性植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

藻玉の関連キーワード屋久島モダマ

藻玉の関連情報