コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇原御厨 そはらのみくりや

百科事典マイペディアの解説

蘇原御厨【そはらのみくりや】

伊勢国一志(いちし)郡にあった伊勢神宮領の御厨(みくりや)。蘇原荘とも。現在の三重県三雲町(現・松阪市)曾原(そはら)が遺称地。1176年の八条院領目録に〈伊勢国蘇原〉,1192年の伊勢大神宮神領注文に〈蘓原御厨〉とみえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そはらのみくりや【蘇原御厨】

伊勢国一志郡に成立した伊勢神宮(内・外宮)領御厨。建久3年(1192)8月の伊勢大神宮神領注文(《神宮雑書》)に,〈蘇原御厨二宮御領。領家八条女院〉と見える。この注文によれば,同御厨は康和3年(1101)8月21日付宣旨をうけて四至・田畠本数を検注のうえ供祭物の済数を注進し,永久3年(1115)6月17日付の宣旨を下給されている。なお領家職は八条院領であったが,嘉元4年(1306)の昭慶門院領目録では,後宇多院から昭慶門院へ伝領されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蘇原御厨の言及

【員弁[町]】より

…三重県北部,員弁郡の町。人口8776(1995)。北東部の養老山地西麓の扇状地と南西部の員弁川沿いの沖積平野からなり,集落は南西部の河岸段丘上に発達する。中心集落の楚原は中世には伊勢神宮領の曾原御厨が設けられた所で,明治に入って員弁郡役所が置かれ,現在も員弁郡の中心となっている。基幹産業は農業で,米作を中心に養鶏,畜産が行われている。近年,上笠田地区に工業団地が造成され,工業開発とともに都市近郊農村への脱皮がはかられている。…

※「蘇原御厨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘇原御厨の関連キーワード三雲[町]笠置寺北畠氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android