コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚血性骨壊死 きょけつせいこつえし ischemic necrosis of the bone

1件 の用語解説(虚血性骨壊死の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょけつせいこつえし【虚血性骨壊死 ischemic necrosis of the bone】

骨では,基質に埋まり基質の代謝をつかさどっている骨細胞は,骨を循環する豊富な血液から栄養を受けているが,骨の血行がなんらかの原因で広範に途絶すると,骨細胞は死滅し骨の代謝は停止する。この状態を虚血性骨壊死と呼ぶ。虚血性骨壊死が関節面の軟骨を支えている骨梁に発生すると,ちょうどシロアリに食害され家の柱が破損して屋根が落ちるように,屋根に相当する関節面が破壊され,関節面の不適合や変形を生じて関節機能の荒廃をきたす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

虚血性骨壊死の関連キーワード競合阻害細胞質国之水分神外因性代謝基質特異性骨基質Glaタンパク質ジオキシゲナーゼ内因性代謝非競合阻害レニン基質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone