コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

股関節脱臼 こかんせつだっきゅう

妊娠・子育て用語辞典の解説

こかんせつだっきゅう【股関節脱臼】

大腿骨(太ももの骨)の頭はボールのような形で、骨盤にはまっています。股関節脱臼とは、この大腿骨の頭が骨盤から外れた状態。骨盤側にはボール部分を受け止める蓋(ふた)(臼蓋(きゅうがい))がありますが、この臼蓋の発育が未熟なために起こることが多く、女の子に多いといわれます。早く発見して治療することで改善します。乳幼児健康診査(乳児健診)で医師が股関節の動きを慎重に調べるのはこのためです。おむつをあてるときや赤ちゃんを抱くとき、股を開いた状態にすることで予防できるといわれています。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

股関節脱臼【こかんせつだっきゅう】

先天性,外傷性,病的の3種に大別される。先天性股関節脱臼は乳児期にしばしば見られ,外傷性脱臼は墜落などにより強力な外力の加わることによって起こり,前方脱臼より後方脱臼のほうが多い。
→関連項目股関節

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

股関節脱臼
こかんせつだっきゅう

股関節の脱臼をいう。一般に単に脱臼といえば外傷性脱臼をさすが、先天性の脱臼は股関節にもっとも多くみられる。ほかに麻痺(まひ)性脱臼や病的脱臼も股関節に発生する。[永井 隆]

外傷性股関節脱臼

(かた)関節、肘(ひじ)関節に次いで頻度が高く、青壮年におこる。股関節は球関節であるが、臼部(関節窩(か))が深くて強い靭帯(じんたい)があるので、大きな外力が加わらないと脱臼しない。多くは後方に脱臼する。できるだけ早く整復しなければならない。全身麻酔を行って徒手整復するが、関節包が破れているので、整復後、数週間の固定が必要である。また早く体重をかけると、骨頭壊死(えし)や変形性股関節症をおこすことがあるので十分注意する。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

股関節脱臼の関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかり関節手術のいろいろ変形性股関節症変形性関節症肢体不自由児遺伝のしくみ高木 憲次人類遺伝学名倉 重雄歩行障害脊柱前湾遺伝病ギプス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

股関節脱臼の関連情報