コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年の市/歳の市 トシノイチ

3件 の用語解説(年の市/歳の市の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とし‐の‐いち【年の市/歳の市】

新年の飾り物や正月用品を売る、年末に立つ市。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

年の市【としのいち】

年の暮に正月用の飾物や雑貨類を売る市。注連(しめ)飾,若水桶(おけ),三方,縁起物などを売り,土地により特色のある市が立つ。江戸では浅草観音深川八幡神田明神などが有名であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年の市
としのいち

年末に正月用品を買い整えることを主目的として開かれる市。歳の市とも書く。毎月定期的に行われる市のうち年末のものをいう。昔はハレ(晴)とケ(褻=日常)との格差が大きく、正月を迎える気持ちも新鮮であったから、秋の農作物の売上げ代金を持って行って市で買い物をした。正月用品のうち自給の困難なもの、日常よりは高級な食べ物や衣類、かねて買いたいと思っていた品物などである。都市に商業が発達し分業態勢が整うと分業化が始まる。社寺の境内で開かれる羽子板(はごいた)市、門松を売る松市、注連(しめ)飾りのガサ市などがある。東京世田谷(せたがや)のぼろ市では雑多な物を売る。東京では深川八幡(はちまん)宮(12月14、15日)、浅草観音(かんのん)羽子板市(17~19日)、麹町(こうじまち)の平河天神(25、26日)、近在では埼玉県さいたま市大宮区の氷川(ひかわ)神社、鎌倉の長谷(はせ)観音の市が著名。大晦日(おおみそか)の市を捨市(すていち)といい、捨て値で売ったが、いまもその傾向は残っている。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年の市/歳の市の関連キーワードべったら市荒物屋売る駅売り顔を売る正月物年取り物情けを売る名を売る身を売る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone