コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草市 くさいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草市
くさいち

盆(→盂蘭盆)の行事に使う物を売る盆市ともいい,かつて旧暦 7月12日の夜から 13日の朝まで各地で開かれていた。売られていたのは,盆提灯灯籠籬垣(ませがき),線香,盆棚に用いる菰(こも),迎え火送り火に用いる麻幹(おがら),先祖や精霊の乗り物とされるナスや菰づくりの牛馬,供え物を盛るためのハスの葉や土器など多品目で,数珠仏具太鼓手拭頭巾紋服なども売られていた。明治時代の東京では,12日に人形町,両国広小路,京橋南伝馬町,上野広小路,浅草雷門,神田万世橋,芝大門,麻布飯倉などで多くの市が開かれ,それらの市で売れ残った物が 13日に八丁堀と薬研堀に持ち寄られ,朝市が開かれていた。今日でも東京都中央区月島では 7月の盆の頃に草市が開かれており,盆用品以外にも各地の物産などの店が立ち並び,にぎわっている。

草市
そうし
cao-shi; ts`ao-shih

中国において州県治の城外に設けられた市場。東晋代にその名がみえるが,最も発達したのは唐・宋時代。最初城壁外で (まぐさ) を取引する場所をいったが,秣市が粗末な市場であったところから,城外の遠近や秣の有無とは関係なく,粗末な市場が草市と呼ばれるようになった。草市には,取引に集る人のために食料品店や酒場などが開かれ,商業区域に発達し,鎮,市に昇格発展して,草市の名は次第にすたれていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くさ‐いち【草市】

7月12日の夜から翌日にかけて、盂蘭盆(うらぼん)の仏前に供える草花や飾り物などを売る市。盆市。花市。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

草市【そうし】

中国,唐・宋時代に州県の城外に設けられた商業・交易の場。この名称は既に南北朝時代にさかのぼるが,経済史上で意味を持つようになるのは唐以後である。本来,州県城内の一定区域が特別の法規を適用する〈市〉(商業・交易場)とされており,長安東市西市洛陽南市・北市などが有名であるが,ここでは営業時間を正午から日没までに限るなどの規制があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くさいち【草市】

盆市,花市ともいい,盆行事用品を売る市。この市に欠かせない品物は,祖霊の依代(よりしろ)と考えられる盆花と,精霊棚用の材料などである。盆花は,もともと山から採ってきたものであろう。青森県,鹿児島県,佐渡島では,盆市に買いものに出ることを,仏様迎えに行くともいう。一方,公的,大々的な市以外の,ふだんの市を“草野球”と呼ぶときの感覚と同じように,草市というところもある。【北見 俊夫】

そうし【草市 cǎo shì】

中国の都市郊外や農村部の市場(いちば)の古称。〈草〉は田舎の,粗末な,非公式のという意味。漢(前206‐後220)から唐(618‐907)まで,公式の市は各県城内のきまった場所で開かせて,政府が統制していた。しかしすでに東晋(317‐420)のころから華中華南拓殖がすすんで農村部に集落が広がり,人口もふえて,県城の郊外や僻村に草市が発生した。宋代にはこうした市場が網の目のように広がり,総称して草市と呼んだが,規模や機能が分化してくると市鎮(しちん)や市集(ししゆう)が総称語となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くさいち【草市】

盂蘭盆会うらぼんえに供える草花や飾り物・細工物などを売る市。盆の市。盆市。花市。 [季] 秋。 《 -や人まばらなる宵の雨 /正岡子規 》

そうし【草市】

中国の州県城外の水陸の要地、寺院の門前、塩場、陶器製造地などに置かれた小市場。東晋以後見られ、宋代に発達した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の草市の言及

【市】より

… 商業区域としての市の制度は,唐の中ごろ以後しだいにゆるんで他の坊にも進出し,北宋になると坊制の廃止に乗じて商店は街頭にも現れ,南宋になると都市内のいたる所に見られるようになり,夜間営業の禁もおのずからすたれた(開封)。一方,南北朝時代から唐・宋時代にかけて,地方の小集落や州県城の郊外の交通の便利な場所に〈草市〉とよばれる商業地域が現れ,ときには〈鎮〉とよぶ行政単位に昇格することもあった。〈草市〉も元来は定期市であったらしいが,宋以後の市制度の崩壊後,〈定期市〉が地方都市や郷村のみならず国都でも見られるようになった。…

【商業】より

…行には首長がいて行内商店の取締りに任じたが,彼らは行頭または行首と称せられた。このような市は,唐代では県治以上の都市に設けられ,それ以下の小都市や村落には草市が置かれるのが常態であったが,こうした市の制度は宋代に至って一変した。すなわち,変化の傾向は唐代後半に現れていたが,北宋の中期以後になると,商店の設置を市の内に限る制度は完全に崩壊し,営業時間の制限も破れて夜間の売買も自由となり,夜市と呼ばれるものが出現した。…

※「草市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

草市の関連キーワードわくわく海中水族館シードーナツ熊本県上天草市松島町内野河内熊本県上天草市松島町教良木熊本県上天草市龍ヶ岳町高戸熊本県上天草市大矢野町登立熊本県上天草市大矢野町湯島熊本県上天草市姫戸町二間戸熊本県上天草市大矢野町維和熊本県上天草市龍ヶ岳町樋島熊本県天草市御所浦町御所浦熊本県上天草市龍ヶ岳町大道熊本県上天草市松島町合津天草四郎メモリアルホール熊本県上天草市大矢野町中熊本県上天草市松島町今泉熊本県上天草市大矢野町上熊本県上天草市松島町阿村熊本県上天草市姫戸町姫浦熊本県天草市今釜新町上天草さんぱーる

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草市の関連情報