コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍の光 ホタルノヒカリ

7件 の用語解説(蛍の光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほたるのひかり【蛍の光】

スコットランド民謡「Auld lang syne(過ぎし日)」による歌曲。明治14年(1881)文部省編の「小学唱歌集」に掲載された。日本語の作詞者は不明。別れの歌として卒業式などで歌われる。→オールドラングサイン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蛍の光【ほたるのひかり】

歌曲の題名。スコットランドの民謡詩人R.バーンズが1794年に発表した《Auld Lang Syne(久しき昔)》が原曲。英国,米国で送別歌として普及,日本では1881年に《小学唱歌集初編》に取り上げられ,のち卒業式や送別会で歌われるようになった。
→関連項目唱歌バーンズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

蛍の光

日本の唱歌の題名。作詞:稲垣千穎、曲はスコットランド民謡に基づく。発表年は1881年。卒業式によく歌われる歌として知られる。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほたるのひかり【蛍の光】

歌曲の名。学校の卒業式や送別の会で愛唱されている歌。原曲はスコットランド民謡詩人R.バーンズが作詞して1794年発表した《Auld Lang Syne(久しき昔)》で,イギリスアメリカでは送別歌として普及した。日本では文部省音楽取調掛編《小学唱歌集初編》(1881)に《蛍》の題で取り上げられ,のち〈蛍の光〉として広まった。日本語の作詞者は未詳。旋律は日本の民謡音階と同じ5音音階からなり,日本人に親しみやすい性格をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほたるのひかり【蛍の光】

蛍の光窓の雪 」に同じ。
曲名(別項参照)。

ほたるのひかり【蛍の光】

スコットランドの代表的な民謡。1881年(明治14)文部省音楽取調掛編の「小学唱歌集」初編に採用されて以来、日本でも送別の歌として愛唱されてきた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛍の光
ほたるのひかり

スコットランド民謡による唱歌。原題はAuld lang syne(久しき昔)で、原曲の歌詞はスコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズによって書かれた。1881年(明治14)文部省の音楽取調掛(とりしらべがかり)が編集した『小学唱歌集』初編に「蛍」の題名で収められ、その後広く愛唱されるようになった。日本語の作詞者は不詳。本来の歌詞は4節まであり、皆と別れて国を守るために戦地へ旅立つという、多分に軍国主義的な内容であったが、今日では「蛍の光窓の雪」に始まる第1節、「留まるも行くも限りとて」の第2節のみが歌われ、単に別れを惜しむ歌として卒業式などで歌われ、親しまれている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蛍の光の言及

【バーンズ】より

…亡き乙女にささげる哀傷の歌《ハイランド・メアリー》,魔女カティーサークの跳梁(ちようりよう)する《シャンターのタム》,人間も同じ哀れな仲間と自嘲する《ねずみ》,風刺的な《悪魔へのあいさつ》,俗臭のする《陽気な乞食》などが代表作である。日本でも親しまれている歌曲は,《蛍の光》の原曲《オールド・ラング・ザイン》,《ライ麦畑をこえて》《アフトンの流れ》《恋する娘は赤いバラ》など数多い。詩を知識人の独占物としないで,大衆の心に訴えるものとしたところに,ロマン派の先駆詩人としての彼の価値がある。…

※「蛍の光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蛍の光の関連キーワード卒業式校友校友会女子専門学校送辞卒業証書妻の卒業式ママの卒業式イスラム神学校と公教育Commencement

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蛍の光の関連情報