蜂の巣(読み)ハチノス

デジタル大辞泉の解説

はち‐の‐す【蜂の巣】

ハチが幼虫を育てたり花の蜜などを蓄えたりするために作る巣。一般には、六角形の多数の巣部屋のある、アシナガバチスズメバチミツバチなどの巣をいう。 春》「―をもやす夜のあり谷向ひ/石鼎」
小さい穴がたくさんあいた状態のたとえ。「機関銃で車が蜂の巣になる」
工具の一。鋳鋼製の角形の台で、側面に三角、丸、四角などの穴があけてある。金敷の補助に用いる。
牛の第二胃。網目状の胃壁が蜂の巣と似ることから。煮込み料理などに向く。→ミノセンマイギアラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちのす【蜂の巣】

ハチが幼虫を育てたり花の蜜みつをたくわえたりするために作る巣。ハチの種類により形状はさまざまであるが、腹部から分泌する蠟質を集めて作る六角柱状の集合体のものが多い。 [季] 春。
鍛造作業に用いる金敷の一種。側面に各種の溝があり、表面には裏まで貫通した各種の形の穴がある。
〔形がに似ているところから〕 (料理用の)牛の第二胃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はち【蜂】 の 巣(す)

① 蜂が幼虫を育てたり、花の蜜を貯蔵したりするために作る巣。多く、腹部より分泌する蝋質または木材を原料として作り、多数の六角柱状の単房からなる。《季・春》
延喜式(927)三七「諸国進年料雑薬〈略〉蜂房(はちのす)七両、兎絲子二升」
鍛造工具の一つ。鋳鋼製の魚形の台で、側面や胴体に三角、丸、四角など種々の穴があけてある。金敷の補助とする。
③ 小さな穴が多数あいた状態をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜂の巣の関連情報