コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂巣炎(蜂窩織炎) ほうそうえんほうかしきえん Cellulitis

1件 の用語解説(蜂巣炎(蜂窩織炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ほうそうえんほうかしきえん【蜂巣炎(蜂窩織炎) Cellulitis】

[どんな病気か]
 皮膚の深い層から皮下脂肪(ひかしぼう)組織にかけて、急速に、水平に広がる感染症です。黄色(おうしょく)ブドウ球菌きゅうきん)、化膿(かのう)レンサ球菌のほか、いろいろな細菌の感染でおこります。小さな外傷が誘因となります。もっともよくできるのは下肢(かし)ですが、ほかのところにもできます。
 広い範囲が赤く腫(は)れ、熱感とさまざまの程度の痛みがあります。発熱やだるさもありますが、あまり激しいものではありません。
 もし、著しい倦怠感(けんたいかん)、激烈な関節痛と筋肉痛、高熱があり、病変部が赤紫色に腫(は)れ、水ぶくれなどができたときには、すぐに手術をして病変部を郭清(かくせい)(きれいになるまで掻(か)き取る)しなくてはなりません。壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)という重い病気の危険があるからです。
[治療]
 安静にして、抗生物質を内服します。症状が強いときは注射にかえます。壊死性筋膜炎の疑いがあるときは、設備の整った病院に入院して治療します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

蜂巣炎(蜂窩織炎)の関連キーワード陰嚢温覚皮膚科サンタンサンバーン貪吏何心地不死身病は気から皮膚炎 (dermatitis)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone