コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂巣炎(蜂窩織炎) ほうそうえんほうかしきえんCellulitis

1件 の用語解説(蜂巣炎(蜂窩織炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ほうそうえんほうかしきえん【蜂巣炎(蜂窩織炎) Cellulitis】

[どんな病気か]
 皮膚の深い層から皮下脂肪(ひかしぼう)組織にかけて、急速に、水平に広がる感染症です。黄色(おうしょく)ブドウ球菌きゅうきん)、化膿(かのう)レンサ球菌のほか、いろいろな細菌の感染でおこります。小さな外傷が誘因となります。もっともよくできるのは下肢(かし)ですが、ほかのところにもできます。
 広い範囲が赤く腫(は)れ、熱感とさまざまの程度の痛みがあります。発熱やだるさもありますが、あまり激しいものではありません。
 もし、著しい倦怠感(けんたいかん)、激烈な関節痛と筋肉痛、高熱があり、病変部が赤紫色に腫(は)れ、水ぶくれなどができたときには、すぐに手術をして病変部を郭清(かくせい)(きれいになるまで掻(か)き取る)しなくてはなりません。壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)という重い病気の危険があるからです。
[治療]
 安静にして、抗生物質を内服します。症状が強いときは注射にかえます。壊死性筋膜炎の疑いがあるときは、設備の整った病院に入院して治療します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone