コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝉退 せんたい

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せんたい【蝉退】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。セミの幼虫が脱皮した抜け殻。鎮痛消炎解熱、けいれん止めなどの作用があり、アレルギーにも有効とされる。湿疹(しっしん)じんましんあせもアトピー性皮膚炎に効く消風散(しょうふうさん)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蝉退
ぜんたい

セミの抜け殻のことで、漢方では古くから解熱薬、止痒(しよう)薬として用いられてきた。薬用にされる種類は多いが、中国では主としてクマゼミ属Cryptotympanaのものが用いられ、日本ではアブラゼミGraptopsaltria nigrofuscataの抜け殻も採集される。かぜ、じんま疹(しん)のほか、小児の夜泣き、咽頭(いんとう)炎、喉頭(こうとう)炎、結膜炎、白内障などにも応用される。市場では「金進(きんしん)」「金蝉(きんぜん)」「只進(ししん)」などとも称される。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android