コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸渋り かししぶり credit crunch

翻訳|credit crunch

2件 の用語解説(貸渋りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貸渋り
かししぶり
credit crunch

金融機関が融資金の貸出しに慎重になり,企業や個人など民間からの借入れ要求に対して融資基準・条件をきびしくして貸出しを削減したり回収を急ぐこと。 1997年後半以降,不良債権処理によって自己資本比率が低下し,みずからも経営危機に陥る可能性が高まった日本の銀行の多くが貸渋りの傾向を強めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かし‐しぶり【貸(し)渋り】

銀行などの金融機関が、経営に問題のない企業に対し、条件を厳しくして融資を断るなど、資金の貸し出しに慎重になること。→貸し剥がし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貸渋りの関連キーワードロンバート型貸出制度金融機関赤字融資貸出・資金吸収動向等貸出す危機対応融資信用収縮日銀当座預金残高コミットメントライン Commitment Line歩積・両建預金

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone