コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸(し)出し カシダシ

デジタル大辞泉の解説

かし‐だし【貸(し)出し】

[名](スル)
物を貸して外部へ持ち出させること。「図書の貸し出しを停止する」
金融機関などが、貸付金を支出すること。⇔借り入れ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かしだし【貸出し】

銀行が信用を供与する業務(与信業務)の総称。具体的には,銀行法上の勘定科目による分類では手形貸付け,証書貸付け,当座貸越し手形割引,コール・ローン(コール市場),支払承諾,貸付有価証券をさす。一般には,このうちの手形貸付け,証書貸付け,当座貸越し,手形割引の四つを貸出しという。これから手形割引を除いた三つを貸付けというが,これを貸出しという場合もある。貸出しは銀行業務の基本業務の一つであり,貸出金は銀行の運用資産のなかで中心的位置を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貸(し)出しの関連キーワードホールセール・バンキングゴールドスミス・ノートキャッシュ・クレジット新短期プライムレートジュグラー・サイクル視聴覚ライブラリー東京都立中央図書館長期プライムレートサラリーマン金融歩積・両建預金オーバーローン資金ポジション日本銀行預け金破綻金融機関長期金融市場連邦準備銀行担保適格手形通貨供給方式資金循環表含み貸出し

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android