コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血統登録 けっとうとうろく

5件 の用語解説(血統登録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血統登録
けっとうとうろく

家畜の遺伝形質などを明らかにするために行う血統の登録。すでに登録されている両親から生れたものだけを対象とする閉鎖式と,雑種のものでも改良の基礎にしようとするものを対象とする開放式とがあり,さらに体型や能力に一定の基準をつくってこれに合格したものだけを登録する選抜登録とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

血統登録

全国の動物園や水族館で飼育されている生き物の中から、保護が必要な約150種を選び、飼育状況や遺伝的つながりを記録する制度。近親交配を避け、最適なペアを作ることで、種を絶やさないようにするのが目的。種ごとに担当園があり、データを管理する。

(2015-08-06 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

血統登録【けっとうとうろく】

交配に使用される家畜に信頼性を与えるために,公共団体により行われている登録制度。1791年英国でサラブレッド種馬について行われたのが最初。閉鎖式と開放式とに大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっとうとうろく【血統登録 pedigree registration】

家畜の遺伝的改良をはかる場合に基礎となるのは,ある個体から父母,祖父母と祖先へさかのぼった血縁関係を明確にすることである。そのために行われるのが血統登録であり,人間でいえば戸籍に相当する。現在では改良の進んだ品種についてはそれぞれの品種ごとに,政府または公共機関(登録協会)の手で登録事業が営まれ客観性と正確性を期している。日本でも乳牛,和牛,軽種馬,ヒツジ,ヤギ,ブタなどで実施されている。家畜の血統登録は古くはアラビア人アラブ種のウマの改良において実施したといわれているが,組織的に行われて現在まで続いているのはイギリスサラブレッド種について1791年に開始されたのが最初である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血統登録
けっとうとうろく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血統登録の関連情報