コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血縁淘汰 けつえんとうた

大辞林 第三版の解説

けつえんとうた【血縁淘汰】

近縁個体間に共通の、ある遺伝形質が、直系の子孫以外の近縁者の生存・繁殖に対して有利または不利に働く進化の過程。生殖能力はもたず幼虫の世話に専念する働きバチや働きアリの利他行動の発現は、この過程によって進化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

血縁淘汰【けつえんとうた】

血縁選択とも。血縁個体の共有する遺伝的形質が血縁個体間の生存・繁殖に何らかの影響を及ぼすときに,そこに働く自然淘汰をいう。個体にとっては不利益だが血縁個体に利益をもたらす利他的行動は血縁淘汰によって進化しうるとする血縁淘汰説は,W.D.ハミルトンが導入した包括適応度の概念を基に,J.メイナード・スミスが提唱。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けつえんとうた【血縁淘汰 kin selection】

個体のある形質が,祖先が同じで同じ遺伝子を分けもつ子ども以外の近親の生存と繁殖に対して,有利または不利に作用するとき,こうした形質に働く淘汰を血縁淘汰といい,血縁選択ともいう。社会生物学の基本的概念の一つ。 社会性昆虫には,ワーカー(働きバチ働きアリ)と呼ばれる自分は子を産まずに弟妹の世話をする個体がいる。こういう利他的行動を発現させる遺伝子がどうして子孫に伝わったかはC.ダーウィン以来のなぞであったが,1964年ハミルトンW.D.Hamiltonは,ワーカーの行為によってワーカーと同じ遺伝子を一部父母からもらっている弟妹がよく生存し,たくさんの子を残すなら,ワーカーの遺伝子も近親者というバイパスを通じて子孫に伝わることを明らかにした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の血縁淘汰の言及

【個体】より

…淘汰は個体にでなく,個体の集団に作用するというのである。しかし最近では,群淘汰の説明は理論的には困難であり,血縁淘汰,包括適応度というような新しい概念を導入すれば,淘汰は個体に働くと考えたほうがより合理的に説明ができることが強調されている。この考え方,すなわち個体淘汰という考え方に立ったとき,植物の個体性も含めて,個体ないし個体性というものを再検討してみる必要があろう。…

【自然淘汰】より

…そこで現実に見られる利他的行動の進化を説明するために二つの概念が提案されてきた。一つは血縁淘汰(近親淘汰),もう一つは群淘汰である。後者は,個体ではなく群れ(小集団)を単位として,群れ間の生存確率の差によって起こる淘汰である。…

【利他的行動】より

…したがって社会生物学でいう利他的行動がいかにして進化できたかは,長いあいだなぞであった。その説明の一つは血縁淘汰である。すなわち,利他的行動によって自分が残す子の数は減ってもそれによって自分と同じ遺伝子を一部分けもつ兄弟姉妹などの近親がたくさん子を残すなら,その子を通じて利他的行動にかかわる遺伝子も子孫に広がってゆく。…

※「血縁淘汰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血縁淘汰の関連キーワードホールデーンエソロジー遺伝形質利他行動群淘汰子殺し直系近縁過程

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android