コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖母傾国定公園 そぼかたむきこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖母傾国定公園
そぼかたむきこくていこうえん

九州山地の北東部,大分,宮崎両県に広がる祖母山 (1756m) ,傾山 (1602m) を中心とした自然公園。面積 220km2。 1965年指定。この一帯は,臼杵-八代を貫く大断層線に接するため,地形地質は非常に複雑である。祖母傾山地は秩父古生層を基底とした壮年期の高山で,全山原生林におおわれ,低山帯にはモミ,ツガ,高山帯にはブナが多く,山頂近くにはミヤマキリシマの群落もある。特別天然記念物指定のニホンカモシカの生息地。祖母山の原生林をはじめ紅葉,開花の美しさで知られる景勝地が多い。高千穂峡柱状節理の美しい渓谷で,天孫降臨の地とされ,古くから伝承される民俗,行事などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

祖母傾国定公園【そぼかたむきこくていこうえん】

大分・宮崎2県にまたがる山岳国定公園。面積220km2。1965年指定。祖母山および傾山(1605m)を主峰とする祖母山地地区,高千穂峡など五ヶ瀬川上流地区,祖母山地南東方の行縢(むかばき)山(830m)地区などを含む。
→関連項目宇目[町]大分[県]緒方[町]北川[町]高千穂[町]日之影[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

そぼかたむきこくていこうえん【祖母傾国定公園】

大分・宮崎県境にある祖母山(1756メートル)・傾山(1602メートル)を中心とする国定公園。山岳・峡谷美にすぐれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県(宮崎県)〕祖母傾国定公園(そぼかたむきこくていこうえん)


九州山地北部の国定公園。大分・宮崎両県にまたがる。祖母山・傾山を中心に大崩(おおくえ)山・行縢(むかばき)山・高千穂(たかちほ)峡を含む。面積2万2000ha。1965年(昭和40)指定。岩峰と峡谷が織りなす複雑な地形で知られる。ブナ・モミ・ツガなどの原生林が残り、ミヤマキリシマ・シャクナゲなどが群生。高千穂は天孫降臨伝説の地で天岩戸(あまのいわと)神社が鎮座する。渓谷美で知られる高千穂峡は真名井(まない)の滝などの景勝がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祖母傾国定公園
そぼかたむきこくていこうえん

大分・宮崎両県にまたがる祖母山(1756メートル)、傾山(1605メートル)を中心とする国定公園。1965年(昭和40)指定。面積220平方キロメートル。祖母、傾のほか、大崩(おおくえ)山、矢筈(やはず)岳、行縢(むかばき)山、五ヶ所高原などの山々、高千穂(たかちほ)峡、祝子川(ほうりがわ)渓谷、藤河内(ふじがわち)渓谷などを含む。地質は花崗(かこう)岩を主体とし、これに阿蘇(あそ)溶岩が加わり、古生層、中生層もみられる。広く森林に覆われ、とくに大崩山の原生林は深い峡谷とあわせて貴重なものである。これらの区域は鉱物資源が豊富で、かつては尾平(おびら)、見立(みたて)、槇峰(まきみね)、土呂久(とろく)などの鉱山が栄えた。高千穂町三田井(みたい)は阿蘇溶岩を侵食した高千穂峡のほか、天孫降臨伝説の地として知られ、高千穂神社があり、また岩戸(いわと)には天岩戸(あまのいわと)神社がある。高千穂各地では秋から冬にかけて夜神楽(よかぐら)が催され、貴重な伝統行事である。登山コースは高千穂町(宮崎県)五ヶ所、豊後大野(ぶんごおおの)市(大分県)緒方町(おがたまち)尾平鉱山・同上畑(うわばた)などからで、祖母傾縦走コース約18キロメートルがある。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

祖母傾国定公園の関連キーワード祖母傾県立自然公園[大分県]祖母傾県立自然公園[宮崎県]大分県豊後大野市豊後大野(市)豊後大野市秩父古生層高千穂町日之影町延岡市竹田市五葉岳天岩戸大崩山佐伯市行縢山高山帯壮年期岩峰清川峡谷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祖母傾国定公園の関連情報