健全(読み)ケンゼン

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぜん【健全】

[名・形動]
身心が正常に働き、健康であること。また、そのさま。「健全な発達をとげる」
考え方や行動が偏らず調和がとれていること。また、そのさま。「健全な社会教育」
物事が正常に機能して、しっかりした状態にあること。また、そのさま。「健全な財政」
[派生]けんぜんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんぜん【健全】

( 形動 ) [文] ナリ 
体や精神に悪いところがなく、元気なさま。 「 -な肉体」
状態や考え方が片寄らず普通であるさま。堅実で安心できるさま。 「 -財政」 「 -な読み物」 〔オランダ語 gezond の訳語。杉田玄端訳「健全学」(1867年)に「『ゲゾント』とは無病健全の義」とある〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ぜん【健全】

〘名〙 (形動)
① からだに悪いところがなく丈夫なこと。器官の機能などが正常であること。健康であること。また、そのさま。達者。
健全学(1867)〈杉田玄端訳〉例言「蓋し『ゲソント』は無病健全の義」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「内臓を運動させれば自然と胃の働きが健全になる訳だから」
② 物事の状態や考え方などが正常でかたよっていないこと。安定していて堅実なこと。また、そのさま。
※想実論(1890)〈石橋忍月〉二「健全の思、健全の詞感に随って現はれ念に随って変ず」
[語誌](1)漢籍に用例は見えず、日本では挙例の「健全学」から、オランダ語 gezond の訳語に使用したことがうかがわれるが、主な蘭日辞書にその訳語は見えない。
(2)明治一〇年代に類義の「衛生」「衛生学」が用いられ始め、二〇年代に一般化するに及んで、「健全学」に代わって「衛生学」が用いられるようになり、「健全」は次第に②のような精神的あるいは抽象的な意味で用いられるようになった。→「えいせい(衛生)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

健全の関連情報