衣鉢を継ぐ(読み)イハツヲツグ

  • いはつ
  • を 継(つ)ぐ
  • 衣鉢
  • 衣鉢(いはつ)を継(つ)・ぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

(仏教で法を伝える証(あかし)として衣鉢を与えたところから) 師からその道の奥義を受け継ぐ。また、前人の事業、行跡を受け継ぐ。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉九「越後伝吉の衣鉢(イハツ)を襲(ツギ)て呉服屋へ三年酒屋へ七年」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

師から、その道の奥義を受け継ぐこと。また、前人の事業などを受け継ぐこと。

[使用例] 昨夜よりつくづく眺めて参ったが、亡き柳生十兵衛が衣を継ぐほどの者、当然とは申しながら、よう切ってある[五味康祐*柳生天狗党|1969]

[由来] 「衣」は、が着る。「鉢」は、僧がたくはつのときに用いる鉢。「旧唐書―神秀伝」に、禅宗の開祖、達磨だるま大師は、「衣鉢有りて記とし、よよ付授す(袈裟と鉢とを禅の奥義を得た印として、代々伝えることにした)」とあります。ここから、仏教の奥義を師匠が弟子に伝えることを「衣鉢を伝える」といい、他の分野でも用いられるようになりました。

[解説] 「衣鉢」は「えはつ」とも読みます。

〔異形〕衣鉢を伝える/衣鉢を受ける。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android