コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五味康祐 ごみやすすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五味康祐
ごみやすすけ

[生]1921.12.20. 大阪
[没]1980.4.1. 東京
小説家。早稲田大学第二高等学院,早稲田大学英文科をともに中退。 1944年応召,中国を転戦。保田 (やすだ) 与重郎に師事して『日本浪曼派』の影響を受けた。『喪神』 (1952) で芥川賞を受賞,時代小説に新領域を開き,『柳生連也斎』 (1955) で柴田錬三郎と並んで「剣豪小説」の第一線に立った。ほかに『柳生武芸帳』 (1956~58) ,『柳生石舟斎』 (1962~64) など著作多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

五味康祐【ごみやすすけ】

小説家。康祐(こうすけ)と通称大阪市生れ。早稲田大学中退。さまざまな職業を転々とした後,《喪神》(1953年)で第28回芥川賞を松本清張とともに受賞。ユニークな剣豪小説作家として第1次剣豪小説ブームの担い手となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五味康祐 ごみ-やすすけ

1921-1980 昭和時代後期の小説家。
大正10年12月20日生まれ。保田(やすだ)与重郎に師事。昭和28年「喪神(そうしん)」で芥川賞。31年「柳生(やぎゅう)武芸帳」を「週刊新潮」に連載し,柴田錬三郎らと剣豪小説ブームをおこす。プロ野球,クラシック音楽,麻雀(マージヤン)通としても知られた。昭和55年4月1日死去。58歳。大阪出身。明大中退。作品はほかに「二人の武蔵(むさし)」など。
【格言など】私は観相をするが,多分じぶんは五十八で死ぬだろうと思う(56歳のときに)

五味康祐 ごみ-こうすけ

ごみ-やすすけ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごみやすすけ【五味康祐】

1921‐80(大正10‐昭和55)
小説家。大阪市南区難波町に生まれる。祖父は南地で劇場を経営。大阪府立八尾中学を経て早稲田第二高等学院に学んだが中退,明治大学文芸科に入学したもののほとんど通学せず,1944年応召,九江近辺で敗戦を迎える。47年亀井勝一郎を頼って上京,種々の職業を転々としたが,52年《新潮》の〈全国同人雑誌推薦小説特集〉に《喪神》を発表,さらに第28回芥川賞に選ばれて文壇にデビューする。《柳生連也斎》(1955)で剣豪作家として話題を呼ぶと同時に《柳生武芸帳》(1956‐58)を執筆し,剣の柳生を忍びの政治集団としてとらえ直すなど,ユニークな発想にもとづく伝奇ロマンを精力的に発表,一時代をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

五味康祐の関連キーワード五味康祐(ごみこうすけ)五味康祐(ごみやすすけ)12月20日木下 二介五味 康祐邦光 史郎斎藤 十一木下二介大衆文学背番号薄桜記五味武蔵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五味康祐の関連情報