衣食足りて礼節を知る(読み)イショクタリテレイセツヲシル

デジタル大辞泉の解説

衣食(いしょく)足(た)りて礼節(れいせつ)を知(し)る

《「管子牧民の「倉廩(そうりん)実(み)ちて則ち礼節を知り、衣食足りて則ち栄辱(えいじょく)を知る」から》人は、物質的に不自由がなくなって、初めて礼儀に心を向ける余裕ができてくる。衣食足りて栄辱を知る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いしょく【衣食】 足(た)りて=礼節(れいせつ)[=栄辱(えいじょく)]を知(し)

(「管子‐牧民」の「倉廩実則知礼節、衣食足則知栄辱」による) 生活にこと欠かなくなって、人は初めて礼儀に心を向ける余裕ができる。
※続日本紀‐和銅七年(714)二月辛卯「詔曰、人足衣食、共知礼節、身苦貧窮、競為姧詐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衣食足りて礼節を知るの関連情報