衣食足りて礼節を知る(読み)イショクタリテレイセツヲシル

  • =栄辱(えいじょく)
  • いしょく
  • を知(し)る
  • 衣食
  • 衣食(いしょく)足(た)りて礼節(れいせつ)を知(し)る
  • 足(た)りて=礼節(れいせつ)

精選版 日本国語大辞典の解説

(「管子‐牧民」の「倉廩実則知礼節、衣食足則知栄辱」による) 生活にこと欠かなくなって、人は初めて礼儀に心を向ける余裕ができる。
※続日本紀‐和銅七年(714)二月辛卯「詔曰、人足衣食、共知礼節、身苦貧窮、競為姧詐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

着るものや食べるものが十分にあって初めて、人は礼儀や節度をわきまえるようになる。生活にゆとりがないと精神にも余裕は生まれない。

[使用例] 由来衣食が足らないで礼節を知るということは難しいのと同じく、の力に十分な余裕が無いとすれば向上的な精神界の娯楽は興らない[夏目漱石*戦後文界の趨勢|1905]

[解説] 「管子―牧民」に「そうりんちて則ち礼節を知り、衣食足って則ち栄辱を知る」とあります。「倉廩」は米倉、「えいじょく」は栄誉と恥辱の意。

〔異形〕衣食足りて栄辱を知る

〔英語〕Money makes a man.(金が人を作る)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

着るものや食べるものが十分にあってこそ、人は礼儀や節度をわきまえるようになる、ということ。

[使用例] 由来衣食が足らないで礼節を知るということは難いのと同じく、富の力に十分な余裕が無いとすれば向上的な精神界の娯楽は興らない[夏目漱石*戦後文界の趨勢|1905]

[由来] 「管子―牧民」の冒頭の一節から。「政治家の務めは、倉庫を一杯にしておくことにある。なぜならば、人々は『そうりんちてすなわち礼節を知り、衣食足りて則ちえいじょくを知る(倉庫が一杯になってはじめて礼儀をわきまえるようになり、衣服や食糧が充分あってこそ名誉や恥について考えるようになる)』からだ」と述べています。

〔異形〕倉廩満ちて礼節を知る

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衣食足りて礼節を知るの関連情報