コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂ける/割ける サケル

デジタル大辞泉の解説

さ・ける【裂ける/割ける】

[動カ下一][文]さ・く[カ下二]ひと続きになっていたものが線状に切れて二つに離れる。また、切れ目が入る。「紙が―・ける」「地震で地面が―・けた」「口が―・けても言えない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さける【裂ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 さ・く
一つの物が線状に鋭く切れる。 「落雷で大木が-・けた」 「口が-・けても言えない」 〔「裂く」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

裂ける/割けるの関連キーワード胸が張り裂けるシナノキンバイ爆ぜる・罅ぜるハクサンイチゲサッサフラスキンケイギクハナワギク枝毛防止剤ノボロギクシュンギク黒種子草変化朝顔クマシデ喘息薬種白根川芎心去り材白根人参現の証拠ぱっくり山荷葉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android