破る(読み)ヤブル

デジタル大辞泉「破る」の解説

やぶ・る【破る】

[動ラ五(四)]
引き裂いたり、傷をつけたり、穴をあけたりして、もとの形をこわす。「障子を―・る」「書類を―・る」
相手の守りなどを突き抜ける。突破する。「警戒網を―・る」「左中間を―・るヒット」
今まで続いてきた状態をそこなう。かきみだす。「太平の夢を―・る」
従来のものに代わって新しくする。記録などを更新する。「世界記録を―・る」
相手を打ち負かす。「強敵を―・る」
守るべき事柄にそむく。きまりや約束などを無視する。「約束を―・る」「校則を―・る」
傷つける。害する。
「身体髪膚を―・らずして」〈沙石集・三〉
[可能]やぶれる
[動ラ下二]やぶれる」の文語形
[下接句]あめつちくれを破らずかまどを破る産を破る叢蘭そうらん茂らんと欲し秋風しゅうふうこれやぶみさおを破る横紙を破る
[類語]破く裂く引き裂く破れる破ける裂ける切り裂く張り裂けるはち切れる鉤裂き壊す倒す破壊する損壊する毀損きそんする破損する損傷する損ずるそこなうこぼ傷付ける欠く砕く割る崩すつぶ打ち砕く打ち壊すぶち壊す取り壊す叩き壊す破砕砕破全壊壊滅

や・る【破る】

[動ラ四]やぶる。引き裂く。
「とまれかうまれ、疾く―・りてむ」〈土佐
[動ラ下二]やれる」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android