コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破る ヤブル

デジタル大辞泉の解説

やぶ・る【破る】

[動ラ五(四)]
引き裂いたり、傷をつけたり、穴をあけたりして、もとの形をこわす。「障子を―・る」「書類を―・る」
相手の守りなどを突き抜ける。突破する。「警戒網を―・る」「左中間を―・るヒット」
今まで続いてきた状態をそこなう。かきみだす。「太平の夢を―・る」
従来のものに代わって新しくする。記録などを更新する。「世界記録を―・る」
相手を打ち負かす。「強敵を―・る」
守るべき事柄にそむく。きまりや約束などを無視する。「約束を―・る」「校則を―・る」
傷つける。害する。
「身体髪膚を―・らずして」〈沙石集・三〉
[可能]やぶれる
[動ラ下二]やぶれる」の文語形
[下接句]雨(あめ)塊(つちくれ)を破らず竈(かまど)を破る産を破る叢蘭(そうらん)茂らんと欲し秋風(しゅうふう)之(これ)を敗(やぶ)る操(みさお)を破る横紙を破る

や・る【破る】

[動ラ四]やぶる。引き裂く。
「とまれかうまれ、疾く―・りてむ」〈土佐
[動ラ下二]やれる」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やぶる【破る】

( 動五[四] )
紙・布などを裂いたり穴をあけたりする。 「手紙を-・る」 「障子を-・る」
(固い物を)傷をつけてこわす。また、砕く。 「殻を-・ってひなが出る」
相手側の備え・守りなどを打ちくだいて通過する。 「警戒網を-・る」 「関所を-・る」
安定していた状態を乱す。 「静寂を-・る」 「記録を-・る」
規則・約束などに背く行為をする。 「誓いを-・る」
相手を負かす。 「優勝候補を-・る」
人の体や心を傷つける。 「額-・りて陀羅尼こめたるこそ/宇治拾遺 1」 〔「破れる」に対する他動詞〕 → 裂く(補説欄)
[可能] やぶれる
( 動下二 )

やる【破る】

( 動四 )
やぶる。裂く。 「むつかしき反故など-・りて/源氏 浮舟
( 動下二 )
裂ける。やぶれる。こわれる。 「 - ・れたる草鞋に編笠着て/太平記 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破るの関連情報